転職に失敗はないと言い切れる理由

あなたは、転職をしてみようかな?と考える時には、
 「何かを変えなければ・・・」
という思考があるはずです。
 と同時に、
 「自分にできるだろうか?」
という不安起こってくるのではないでしょうか?
  実は、この2つのあなたが不安に思うことには、
 答えはすでに出ている
のです。
 原因と結果の法則をご存知でしょうか?
 原因と結果の法則は、
  「種さえまけばそれに見合った収穫を得ることができる」
というものです。
 逆を言えば、
 「種をまかないことには、何も得られませんよ!」
ということです。
 要は、”行動すること”でしか将来を切り開くことはできない。
 
 転職の場合にあてはめると、
  転職という種をまけば、それに応じた収穫を得ることができる
 ということになりますし、
  転職しなければ、今までどおりの収穫しか得られない
 ということになります。
 これが、原因と結果の法則です。
 また、イギリスの有名な哲学者でバートランド・ラッセルという人の有名な言葉で、

「何かが可能であること証明する最高の方法は、ほかの人がすでにそれをしたことを示すことだ」

 というものがあります。
 ほかの誰かがやってできたことは、あなたにも可能である
ということです。
仕事を変えることなんて、他の数えきれないほどのいろんな人がやっている普通のことです。
あなたにできない理由は無い・・・のです。 
成功するマインドは疑念を払うこと 
 新しい会社や新しい業界へ”転職”という行動をとれば、それに応じた収穫を得ることができるます。 
そして、あなた以外のたくさんの人がそうしているのだから、あなたにできないということはあり得ないのです。

転職にデメリットはない

 転職を考えているという時点で、なんらか現状の仕事に問題を抱えていて、
「なんとかしたい、変えたい」
と少なからず意識しているのだと思います。
 不満のある現状に対して問題意識を持って、未来を切り開こう!と決断しいるあなたは、
 その時点すでに成功している
ということができます。
 不快な人間関係やツライ仕事を忍耐強く延々と続けている”これまでのあなた”から、大きく成長しているのです。
 転職して
    給料が下がった→失敗
    人間関係がよりつらくなった→失敗
のような話で、
 「成功」 or 「失敗」
という2者択一のように言われがちですが、決してそうではありません。
 他の人よりもより多くの経験を積んでいることで、
 ”レベルアップしている”
ことは間違いありません。
 それに、新しい環境の中で、試行錯誤しながらやっている努力も何一つムダではありません。
変わらないこと :エネルギーは不要、転職しなかった後悔が残る
変わること   :エネルギーかなり必要、転職した努力が残る
 あなた自身に問いかけてみてはどうでしょうか・・・・・ 「どちらがあなたの人生としてふさわしいですか?」

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

<% AQEntries %>

<% pageThumbnail | addAtribute(align="left") | tag_insert(span class="txt-img") %>
<% pageBody | tag_strip | str_replace( ,) | oneline | shorten(150,true) %>

<% /AQEntries %>

コメント

タイトルとURLをコピーしました