一万時間の法則で自分の価値を高め、自己肯定感を高める

自分の価値ってなんだろう?

 

 皆さんは自分自身の”価値”をどう捉えているでしょうか?

 

 テレビやインターネットでは、”お金持ち” ”セレブ” ”イケメン” ”成功者” と呼ばれるような人たちが取り上げられ、豪華な家や車を所有していることが映しだされ、コマーシャルではそういう生活をあおっているように見えます。

 

 あなたは日常的に、会社やいろんな場面で、なにかと人と比べられ、人から「評価」されることが多く、なんとも言えない劣等感を常に感じている(感じさせられている)のではないでしょうか?

 

 会社では、その業績への貢献の度合いを”公平に”評価されて、それに応じた報酬をもらうという仕組みが一般的になっているようです。
 単純に考えると、年収400万の人は、その労働に対して400万円分の価値があるということを、嫌がうえにも意識させられることになります。

 

 このような精神状態におかれていると、自分に対する自信(別ことばでいうと自己肯定感)が無くなってしまいます。
 そして、その結果として、ストレスに対して耐えにくい精神状態となり、心が折れやすくなってしまいます(←折れない心の作り方)

 

 では、どのようなマインドを持つことが必要なのでしょうか?

 

 会社での人事評価で考えると、

 

   あなたが 頑張っている実感 と、会社の評価 は イコールではありません。

 

 まず、切り離して考えてください。
 この点を理解しておかなければ、そのギャップに納得がいかず、あなた自身の仕事に対して、
  「こんなハズではなかった・・・」
とがっかりして失望し、ますますストレスをためてしまうことになってしまいます。

 

では、評価されるようにはどうすれば良いでしょうか?

一万時間の法則

 

「どんな才能や技量も、1万時間練習を続ければ“本物”になる」
マルコム・グラッドウェル(1963 英)

 

 という有名な言葉があります。

 

 1万時間というと、1日8時間、年間200日働いた場合で 約6年となります。
 つまり、
どんな人でも10年くらい一生懸命に続ければ、その道で一流になれる

 

ということになります。

 

これは、まさにその人の
  ”価値”=”強み”
ということができます。

 

 逆にいうと、最低でも6年くらいは続いていない仕事は、

 

  ”本物”にはなっていない = その人の”価値”となっていない

 

ということにもなります。
 さらにいうと、10年たってもずーっと同じことを毎日繰り返していては、成長がとまっていることにもなるのです。

 

 このことは、その人の”価値”というのは、そのことに
 自分がどれだけ時間をつぎ込んできたか?
ということで決められてくるのです。。

あなたの現在価値は?

 1万時間以上の努力により獲得した”あなたの価値”はどう評価されていますか?
 いまの会社での”あなたの能力評価”は、もうほぼ固定されていませんか?
 社内の人脈形成などの付加的な要素により、”あなたのポジション”が決まってきていませんか?

 

 そんなあなたの評価を”市場”でみるとどうでしょう?一度、転職サイトに登録して自分の”市場評価”を客観視してみるのも一つです。 

 

 上司に好かれるか・好かれないか?

 

 どうでもよい尺度で価値を計られているのであれば、そんなものはどうでも良いと思考を切り替えてください。

 

 本当のあなた自身、一人のビジネスパーソンとして、どのように評価されるかを客観的にみてみましょう。
 会社でまん延している「固定したものの見方」を解放して、「新しい気づき」を探してみましょう。

 

 そして、これまでと違う視点であなた自身を見てみることで、あなたが気づいていない”素晴らしい価値”を発見することができるのです。

 

わせて読みたい記事

自分の価値|一万時間の法則と自己肯定

自分の価値はどこにあるのだろうか  皆さんは自分自身の”価値”をどう捉えているでしょうか? テレビやインターネットでは、”お金持ち” ”セレブ” ”イケメン” ”成功者” と呼ばれるような人たちが取り上げられ、豪華な家や車を所有していることが映しだされ、コマーシャルではそういう生活をあおっているように見えます。 あなたは日常的に、会...

≫つづきを読む

自分の強みを見つける

自分の武器はなんだろう  毎日同じ悩みを抱えながら生活している人がそれを変えようとするために必要なものは たった一つ、「行動すること」です。 不満や悩みを持ちつつも、現状を変えようとしない人の口癖、思考パターンは大きく次の2つです。  パターン1:理屈で回避「確かに〜〜だよなぁ、しかし・・・」        確かに今の会社...

≫つづきを読む

転職に失敗はない

成功するためには疑念を無くす  あなたは、転職をしてみようかな?と考える時には、 「何かを変えなければ・・・」という思考があるはずです。 そして、 「自分にできるだろうか?」という不安も同時に起こってくるのではないでしょうか?  実は、この2つのあなたの不安には、答えはすでに出ています。 原因と結果の法則をご存知でしょうか? 原...

≫つづきを読む

サーカスの像はナゼ逃げないのか?

サーカスの像 サーカスの像は、どうやって飼育されているかご存知ですか?あんな大きなものを入れるオリやカゴはありませんよね?実は、使い古されたロープがたった一本、片足に巻かれているだけなのです。どうして逃げないのでしょうか?力もありますから、人間なんか蹴散らして、逃げようと思えばいつでも逃げ出せるにもかかわらず・・...

≫つづきを読む

人生の分岐点

分岐点の標識 転職のタイミング 転職を考えたことはあるけど、なかなか思いきれない・・・ という方は多いのではではないでしょうか? 筆者は2回転職しているのですが、「よく思い切って転職したね。どうやって転職できたの?」とよく周りの人にたずねられるのです。 転職のキッカケとなるタイミングはどんな時なのでしょうか? 「...

≫つづきを読む

明日の自分は違う自分

成長をイメージした竹  あなたは何モノですか? と、唐突に聞かれても・・・答えられないですよね? 人間は無数の細胞でできていますから”細胞の集合体”ということはデキるでしょう。 大人でおよそ37兆個の細胞でできていると言われています。お母さんのおなかの中で受精してから、細胞分裂を繰り返し、成長しながら大きくなってきたので...

≫つづきを読む

あなたの天職を見つける方法

起業化 今のあなたの仕事は、”天職”と呼べるものでしょうか?もし、天職かどうかを考えるときに、ぜひ、つぎの3つの質問をあなた自身に投げかけてみてください。 Q1:あなたは、どんなことに”意義”を感じますか? Q2:あなたは、どんなことに”よろこび”を感じますか? Q3:あなたは、何が”得意”ですか?これは、...

≫つづきを読む

あなたにとってシゴトとは何ですか?

成功 「あなたはなぜそんなに一生懸命に働いているのかね?」 ある教会でで、3人の大工が教会の修理工事をやっていたところ、ある老人が通りかかり、3人の大工にこんな質問をしたのでした。3人の答えはそれぞれつぎのようなものでした。 A:「生活するために働くのは当然でしょう。仕事しなかったら、家族にご飯もたべさせ...

≫つづきを読む

転職と人間関係の問題

会社の人間関係  転職を考える理由として、 「人間関係がイヤになって・・・」というのも大きな要因になることがあります。 しかし、あなたが、もし、この理由で転職しようとしているのであれば、それは失敗へ向かう思考法です。 人間関係を考えるときに重要なことが2つあります。 1つ目は、あなたがどこにいたとしても、人間関係の...

≫つづきを読む

あなたは安全地帯にハマっていませんか?

安全地帯の外は危険な場所かもしれい あなたが転職を考えている理由には、 「こんな会社は将来が無い・・・」 「自分の能力を発揮できていない・・・」 「もっといろんな可能性を高めたい・・・」といった積極的な気持ちがあることでしょう。 しかし、そんな気持ちがあるにもかかわらず、なかなか思いきれず、迷っている気持ちもあります。それは、いまの職...

≫つづきを読む

転職を決断できない人の思考法

成功と失敗の決断 「転職を決断できない・・・」転職を少しでも考えたことがある人は、こんな悩みを持っています。ここで、判断と決断の違いを考えてみます。「判断」・・・物事を見極め、自分の考えを定めること「決断」・・・必要なことを選ぶこと「決断」は、「判断」にくらべて、強い意志をもってある結論を下すような場合に使います。「...

≫つづきを読む

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる