ストレスを創りだすマインドを理解して、ストレスとうまく付き合っていくためのレシピ!

ストレスをなぜ”感じる”のか?

 

「ストレス溜まるよなぁ・・・」

 

日常的な会話でよく使われているのではないでしょうか?

 

ストレスは、ストレス・ホルモンが分泌されて、心身に何かしらのダメージを受けることがなのですが(←ストレスの本当の正体を知っていますか?)、
そもそも、なぜそのようなストレスを受ける状況になってしまうのでしょうか?

 

例えば、最も多いのが”人間関係のストレス”です。
特に、仕事上の人間関係はとてもストレスを感じることが多いでしょう。

 

仕事以外ではつき合わない、つまり、あなたの上司や同僚のうち、好きで付き合っている人間関係ではありません。
なので、友達や家族と話すときとは、受ける心理的なストレスが変わってしまうのです。

 

では、なぜ、同じ”話す”という行動なのに、片方ではストレスを感じてしまうのでしょうか?

 

そのストレスの原因は、”行為”ではなく、あなたの”感情”にあるからです。

ストレスを創りだす感情

ストレスを創りだす”感情”にはどのようなものがあるでしょうか?

 

・怒られたらイヤだなぁ・・・
 ・失敗したら恥ずかしい・・・
 ・バカにされてるかも・・・
 ・嫌われたくないな・・・
 ・アタマにくるな・・・
 ・ムカつく・・・・
 ・最悪だよー・・・
 ・ヘコむわぁ・・・

 

 このような感情を生み出されるのは、あなたの周りにいる上司や同僚かもしれませんし、家族、恋人のせいかもしれません。
もしかすると、あなたに降りかかった不運な出来事であったり、あるいは国や税金の値上げのせいだったりするかもしれません。
 そしてあなたは、
 ”今の世の中、ストレスの溜まることばっかりだな・・・(;´д`)”
 と嘆いていしまうのかもしれません。

 

 でも・・・、本当にそうでしょうか?
 このような感情を創りだしているのは・・・?

世の中はストレスだらけ・・・?

もしストレスを感じるような状況になったら、少しだけ冷静になって考えてみなければなりません。

 

同じことが同じよう起こっても、ストレスに感じる人と、感じない人がいます。

 

つまり、ストレスに感じるのは、あなた自身の”感情”なのです。
出来事をどう解釈するかはあなた自身が決めているのです。
逆に言えば、あなたの”感情”は、あなた自身でコントロールできるものです。

 

「これって本当にタイヘンなことなんだろうか?」
「この状況が永遠に続くんだろうか?」
「自分がストレスを受けて、良いことあるだろうか?」
「自分が何か悪いことをしているのだろうか?」

 

一息入れて考えると、意外に大したことではないことは多いものです。
一つの出来事は、”一つ”です。”他人は他人”です。他人の感情のことまで面倒は見切れません。

 

あなた自身が、どのような人に対しても”誠実”で”正直”に”素直”に振る舞っていさえすれば、何も人間関係で余計なストレスを受けることは避けることができます。
もし、ストレスを受けてしまっていると感じているときは、こちらの記事も参考にしてみてください。
ストレス解消法−心理コントロール編−

 

わせて読みたい記事

ストレスの本当の正体を知っていますか?

ストレスの脳への影響 「ストレス」という言葉を日常的になんとなく使っていると思いますが、あなたは、ストレスの本当の意味をきちんと理解しているでしょうか?ストレスは、目に見えないので、”感覚的なもの”として考えられているかもしれませんが、実は、 その全容はほぼ解明されているのです。 そして、  一定のレベルを超えたストレス...

≫つづきを読む

ストレス解消法−心理コントロール編−

ストレス解消の心理コントロール あなたが「ストレスがたまってきたな・・・」 と感じるときに、心のポジションを少し変えるだけでそのストレスを解消させることができます。ストレスがたまってくるのは、”心理的な余裕が無くなっている状態”です。いろんなことが頭の中を渦巻いて、煮詰まったような状態になっています。それを解消するには、少し心のポ...

≫つづきを読む

ストレス解消法−行動コントロール編−

ストレス解消の行動 あなたが「ストレスがたまってきたな・・・」 と感じるときには、”行動を変えること”がストレス解消には効果的です。あなたにはあなたに合ったストレス解消法があるのだと思いますし、人それぞれいろんな方法があるでしょう。ここでは、一般的にとても効果のあるものをピックアップします。ただし、お酒を飲む とか タ...

≫つづきを読む

勝ち負けばかりを考えるとストレスが高まるワケ

勝ち負け あなたが暮らしている社会、世の中はストレスに満ちているでしょうか?もし、そう感じられるのでしたら、あなたの周囲には、対立、敵対、反抗、競争にあたる関係が多くあり、ストレスを与え続けていると考えられます。 この対立、敵対、反抗、競争の関係性で考えると、必ず”勝者”と”敗者”が存在します。そして、 世の...

≫つづきを読む

ストレスも少しは必要!?

ストレスとなるもの まず、あなたが極度のストレスを感じる状況を想定してみてください。どのストレスを最も大きくかんじるでしょうか? 難関の試験を受ける 遅刻しそうなときにダッシュする 火事の家から脱出する 大事な試合に向けて準備する 好きな人をデートに誘って断られる 森でクマに襲われる さまざまなストレスに対しては、あな...

≫つづきを読む

ストレスに強い習慣

折れない心の象徴である柳の枝 テレビをつければ、少年犯罪や、凶悪事件、自殺者増加のニュースなどの暗いニュースが流れています。新聞を読んでも政治や社会、隣の国を批判する記事が多く目立ちます。会社に行けば、上司の批判や他部署の批判が渦巻いて、協力的な関係が無かったりします。そして、家に帰れば、配偶者の愚痴や不満、子どものわがままを聞...

≫つづきを読む

選ぶことをあきらめない

選択することができる まじめで努力家のあなたは、忙しいなかで仕事を引き受け、 「やればできる、やるしかない!」という思考になってしまいます。その積み重ねは、ストレスの原因となります。そこで、もっとよくよく考えなくてはなりません。頼まれる多くの仕事は、本当に重要なものでしょうか?本当にその人のためになっているでしょうか?そ...

≫つづきを読む

心配すればするほど不幸になる理由

しんぱいごと あなたは ”心配なこと” がたくさんあって、それをストレスに感じていませんか?心配することは、生活の中でかなりの時間とエネルギーを使われているのではないでしょうか?あなたの心配事は、決して楽しいことではなく、あなたにとって・・これから起きてほしくないこと  不都合なこと ・ 嬉しくないことです。 そ...

≫つづきを読む

ストレスはなぜ”創られる”のか?

ハリケーンを上から眺める 「ストレス溜まるよなぁ・・・」日常的な会話でよく使われているのではないでしょうか?ストレスは、ストレス・ホルモンが分泌されて、心身に何かしらのダメージを受けることがなのですが(←ストレスの本当の正体を知っていますか?)、そもそも、なぜそのようなストレスを受ける状況になってしまうのでしょうか?例えば、...

≫つづきを読む

自分が”うつかな?”と感じたときの対処法

視点を変える出口 ”精神的にツライ・・・” ”ストレスに押しつぶされそう・・・” 日々のストレスをうまく処理できないと、どうしてもストレスが蓄積されていきますね。 でも、根が真面目で、 ”逆境にくじけちゃいけない!” ”努力すればなんとかなる”と、子どものころから教えられてきたあなたは、一生懸命頑張ろうとすることでし...

≫つづきを読む

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる