ポジティブになれない人が簡単に変化できる思考とは?

失敗とはいかないまでも、仕事でも私生活でも次から次へと問題がふってわいてくるものです。
 「なんでこんなについてないんだろう・・こんな状況でどうやってポジティブになれって言うんだよ・・」
 こんな感じで毎日がストレスの連続と言う状況におかれてしまっているという方も多いのではないでしょうか?
 では、こういう時ににはどう対処したら良いのでしょうか・・・?
 自分の身に起こる状況、出来事は現実として起こっていることなので、その現実は変えられません。
自分では残念ながらどうしようもないということです。
 あなた自身ができること=コントロールできること は、そのストレスのたまる状況に対して、どう行動するのか?ということ(=行動)を選ぶことだけです。
 周囲の環境や、他人のせいにしていては、新しくスタートすることはできません。
 あなたが選ぶことができる行動を選択して、行動するのです。

あなたは行動を選ぶことができます

 さあ、あなたはどちらのパターンの行動をとることができるでしょうか?
 
パターンA:瞬間的反応
 何らかのストレスとなる刺激を受けたときに、すぐさま文句を言ったり怒ったりというネガティブな反応を瞬間的に起こす人というのはどこにでもいるものです。そのようなネガティブな感情を表に出す人は、結構多くいらっしゃるのですが、そのような状態では、冷静に解決策を見出そうとする創造的な会話には発展していくことはかなり難しくなってしまいます。
パターンB:冷静な反応
 起こった出来事を冷静に受け止めるため、いちど深呼吸でもして受けれて、どういう対応がポジティブにできるだろうかと考えるのです(←ポジティブマインドの作り方)
心を冷静に、そして明晰にするのです。
 そのときに注意することは、主体的に考えて、相手のせいにしたり、自分の責任を回避することばかりを考えずに、一つ引いた視点から物事を捉えることがコツです。
 どちらの行動もあなた自身が選んで決めることができます。
 あなた自身の、過去の後悔や、未来の不安を頭の中から追い払って、今、なにがもっとも大切なのかを考える、マインドフルネス(←マインドフルネス)を実行してみてください。
 あなた自身は”どうありたい”でしょうか?

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

<% AQEntries %>

<% pageThumbnail | addAtribute(align="left") | tag_insert(span class="txt-img") %>
<% pageBody | tag_strip | str_replace( ,) | oneline | shorten(150,true) %>

<% /AQEntries %>

コメント

タイトルとURLをコピーしました