他人も自分も批判せず、ポジティブマインドを身につけ、ビジネス・子供の教育・家庭のすべてがうまくいくレシピ!

自分を責めない

あなたの周りでは、いつもいろんな出来事が起こります。
その出来事は、あなたにとって、プラスことかもしれませんし、マイナスのことかもしれません。

 

人間の性質として、プラスのようなことが起こると、その”プラスの理由”を探して、プラスの気持ちを強めようとする性質があります。
逆に、マイナスのことが起こった場合も同じですが、その原因を探して批判することを始めてしまうのです。

 

「こうなったのはいったい誰のせいなんだ!」

 

そんな時に大切なことは、
「起こった事実のみを受け入れること」
であり、
「自分も他人も責めない」
ことです。

 

ただし、「自分を責めない」ということは、「自分正当性を主張する」ことではありません。

 

中国の古いことわざには、
「間違ってそれを改めないことが、過ちである。」
というのがあります。
逆に言えば、きちんと事実を受け入れて、
 間違ったらそれを認めて修正すれば、それは間違いではない
ということになります。

 

間違いを認めたくないという気持ちは、誰にでもあります。
自分の正当性を強調し続けることで、引くに引けなくなって、他の人のせいにしてしまったりして、自分の立場を余計に苦しくしてしまったような経験はありませんか?
そうです・・結局、自分の間違いを冷静に受け入れることが、自分を楽にすることになるのです。

 

「間違いを認めること」は、「自分を責める」ことではなく、「自分をプラス方向に変えるチャンス」なのです。
決して、自分を責めてはいけないのです。

他人を批判しない

家庭や職場で、相手と意見がぶつかってしまうと、その相手に対してネガティブな感情を抱いてしまうものです。
そして、その人に対する批判や不満を、他の誰かに言いたくなります。

 

確かに、他の人の批判をすることで、自分の優位性を保て、一時的に気持ち良かったり、第3者からの同調を得たいという欲求を満たすことができるのかもしれません。

 

けれど、そこで抱いたネガティブな感情は、だれよりもあなた自身にとても強いマイナスのエネルギーを生み、悪い影響を与えることになるのです。
一度、ネガティブな感情を抱くと、過去にあった出来事や、これから起こりうる事にまで影響が及びます。
そして、どんどんと悪い方向へ行かうエネルギーを与えることになってしまいます。
このマイナスのエネルギーは、あなたが批判したい相手ではなく、あなた自身に返ってくるものなのです。

 

反対に、相手のためを思って・・・あなたとより良い関係を築く、プラス志向のものであれば、それはポジティブなエネルギーになります(←Win-Winを考える習慣)。
相手に対して、前向きなアドバイスをしてあげれば良いのです。ただし、もし、せっかくのアドバイスを受け入れてもらえなかったとしても、それは「相手のこと」と割り切って気にしないことが大切です。
あくまで批判することは避けるようした方が良いのです。

 

どんな相手のことでも、敵対的にみるのではなく、なるべく好意的に考えたほうが、長い目で見れば、あなた自身にはプラスになるはずです。

 

わせて読みたい記事

ポジティブマインドの作り方|恩恵妄想

ポジティブマインド  あなたは「恩恵妄想」という言葉を知っていますか?「被害妄想」と言う言葉ならよく聞いたり使ったりされているのではないでしょうか? 「恩恵妄想」は、「被害妄想」の反対語で、ある大成功者(アメリカの富豪クレメントストーン)の言葉です。 被害妄想とは、他人から危害を加えられていると思い込む妄想のことです。...

≫つづきを読む

一致の法則

一致の法則を示す鏡  「内面的な世界を変えれば人生の外面的な世界を変えることができる」 (ハーバード大 ウィリアムジェームズ教授) 「一致の法則」と呼ばれるとても重要な法則があります。あなたが今経験している(あるいはこれからする)出来事というものは、あなたの心の中の世界を映し出したものです。つまり、あなたの心の中(=心...

≫つづきを読む

磁石の法則

磁石の法則を示す磁力線 あたなには明確な目標があるでしょうか?あなたの目標について、「達成したい」と強く思えば思うほど、目標を達成しようというその気持ちが強くなることでしょう。そして、その気持ちが強ければ強いほど、その目標達成を引き寄せる力も強くなります。まるで磁石が鉄粉を引き寄せるように、あなたの思いが目に見えないエネル...

≫つづきを読む

ポジティブ心理学

ポジティブな心理を示すジェスチャー 幸せな人=ポジティブな人というイメージをもっているでしょうか?あなたは、今はそれほど不幸でもなければ、別に悩んでもいないかも知れません。でも、できれるのであれば、もっと、ポジティブで幸せに過ごしたい・・・と考えたことはないでしょうか?そんなあなたのために、ポジティブ心理学という学問があります。精神的...

≫つづきを読む

ポジティブになれない人へ

失敗を成功に変えるポジティブマインド  失敗とはいかないまでも、仕事でも私生活でも次から次へと問題がふってわいてくるものです。 「なんでこんなについてないんだろう・・こんな状況でどうやってポジティブになれって言うんだよ・・」 こんな感じで毎日がストレスの連続と言う状況におかれてしまっているという方も多いのではないでしょうか? では、こう...

≫つづきを読む

現実を変える唯一の方法

現実を変えるサイコロ 今のあなたの現実を見たときに、 十分に幸せだと思えるでしょうか?  それとも、 まったく幸せでなく、もの足らなさを感じているでしょうか? もし、あなたが何かもの足らなさにより、幸せでないと考えているとしたら・・・、 その現実を変える方法があります。 それは、 ”あなたの思考を変えること”です。 あな...

≫つづきを読む

自分も他人も責めない

自分も他人も責めないOKと言おう あなたの周りでは、いつもいろんな出来事が起こります。その出来事は、あなたにとって、プラスことかもしれませんし、マイナスのことかもしれません。人間の性質として、プラスのようなことが起こると、その”プラスの理由”を探して、プラスの気持ちを強めようとする性質があります。逆に、マイナスのことが起こった場合も...

≫つづきを読む

劣等感とうまくつき合う

劣等感や失敗を、可能なことと前向きに考えよう  あなただけではなく、誰もが劣等感を多かれ少なかれ持っています。 劣等感は、他の人と比べて、「どうして、自分はできないだろう・・・」というネガティブな感情です。 そして、他の人をみて、 「あんな風になれたらいいのにな・・・」とも同時に考えます。 このような劣等感を持つことは、とても「ふつう」のことで...

≫つづきを読む

ネガティブな性格を変える3つの方法

ネガティブな性格を変える3つの方法 あなたは、自分がネガティブな性格を変えたいと思ったことはありますか?ポジティブな人をみて、自分もそうであればいいのにな・・ と思ったことはありますか?そんなあなたは、簡単にポジティブな性格に変わることが可能です。性格は、生まれつきや、子どものころに育てられた環境やその経験によって”決まっている”と思...

≫つづきを読む


HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる