人生で後悔をしないために、あなたに今すぐできることがあります。

なぜ人は後悔するの?

「人生は後悔の連続だ・・・」

 

なんていう冷めたことを言う人もいますが、人間だれでも
「後悔」は、
”できればしたくないモノ”
ですよね。

 

では、どうして人間はこんなにも後悔し続けてしまうのでしょうか?

 

これを読み解くカギは、あるアンケート調査にあります。

 

このアンケートは、70歳以上の人たちに、
「あなたが後悔していることは何ですか?」
という質問をするというシンプルなものです。

 

その答えには、ある傾向がみられたそうです。
回答の後悔していることの中に

「○○をやって失敗してしまった!」

と言う答えは、とても少なかったそうです。

 

その反対に、一番多くみられた回答は

「○○をやっておけばよかった!」
「○○ができなかった」

というものだったということです。

 

ほとんどの人間の後悔というのは、
”やってしまった後悔”よりも、
”やらなかった後悔”の方が圧倒的に大きい・・・

 

これが事実なのです。

”できること”からやる

あなたが、やってみたいなぁと思っていることが一つや二つはあるはずです。

 

起業・資格取得、転職、趣味のスポーツ・音楽、旅行・・・・

 

考え出しらた次から次へとだったりするかもしれません。
なぜ、それをやれていないかというと、
時間的、経済的な制約に縛られているのではないでしょうか?

 

でも、縛られっぱなしでは、”後悔”することは間違いありません。
全部はムリでも、自分にとっての一番にターゲットを絞って、とりあえず”やってみる”ことです。

 

でも、あなたの普段の生活、身の回りに目を向けてください。
”できるのにやれていないこと”
が多いことに気づくはずです。
 例えば、読書。
 男性で、「もっと本を読んでおけばよかった」という人は多いそうです。
歳を重ねてから、知性や教養の差は意外と出てくるものです。

 

 あるいは、家庭。
 「もっと家族と過ごす時間を持てばよかった」
 「もっと仲良くしておけばよかった」
なんてよく聴く話です。
熟年世代になって夫婦の離婚危機に直面してから後悔しても遅いのです。

 

 なにも、新しいことを今すぐに始めることでなくても
”できることからやる”
というのは、後で後悔しないために大切な考え方なのです。

続けることで可能になることもある

ある村に、雨乞いの老婆がいました。。
どんなに晴天が続こうとも、その老婆が雨乞いの踊りをすると100%雨が降るというのです。
もちろん、その老婆が何かの魔法を使った訳ではありません。

 

どうしてそのようなことができたのでしょうか?

 

答えは、

 

雨が降るまで止めることなく踊り続けたから

 

です。
”願いがかなうまでやり続けたらよい”
という単純なことだったのです。

 

普段の仕事とかでは、成果を短い期間で求められ、答えを出さなければなりません。
そうすると、
 しばらくやって成果が出ない⇒時間が無駄
ということで、途中でも止めてしまうのです。

 

 でも、
 続けてやっておけば良かった・・・
という後悔をするくらいなら、続けた方がよいことをもあるはずです。

 

 いかがですか?
 あなたが、将来後悔しないためにできることは、目の前にたくさんあるのです。
 あなたにとって”大切な何か”を、今すぐに始めることが大切ですね。

 

わせて読みたい記事

ポジティブマインドの作り方|恩恵妄想

ポジティブマインド  あなたは「恩恵妄想」という言葉を知っていますか?「被害妄想」と言う言葉ならよく聞いたり使ったりされているのではないでしょうか? 「恩恵妄想」は、「被害妄想」の反対語で、ある大成功者(アメリカの富豪クレメントストーン)の言葉です。 被害妄想とは、他人から危害を加えられていると思い込む妄想のことです。...

≫つづきを読む

一致の法則

一致の法則を示す鏡  「内面的な世界を変えれば人生の外面的な世界を変えることができる」 (ハーバード大 ウィリアムジェームズ教授) 「一致の法則」と呼ばれるとても重要な法則があります。あなたが今経験している(あるいはこれからする)出来事というものは、あなたの心の中の世界を映し出したものです。つまり、あなたの心の中(=心...

≫つづきを読む

磁石の法則

磁石の法則を示す磁力線 あたなには明確な目標があるでしょうか?あなたの目標について、「達成したい」と強く思えば思うほど、目標を達成しようというその気持ちが強くなることでしょう。そして、その気持ちが強ければ強いほど、その目標達成を引き寄せる力も強くなります。まるで磁石が鉄粉を引き寄せるように、あなたの思いが目に見えないエネル...

≫つづきを読む

ポジティブ心理学

ポジティブな心理を示すジェスチャー 幸せな人=ポジティブな人というイメージをもっているでしょうか?あなたは、今はそれほど不幸でもなければ、別に悩んでもいないかも知れません。でも、できれるのであれば、もっと、ポジティブで幸せに過ごしたい・・・と考えたことはないでしょうか?そんなあなたのために、ポジティブ心理学という学問があります。精神的...

≫つづきを読む

ポジティブになれない人へ

失敗を成功に変えるポジティブマインド  失敗とはいかないまでも、仕事でも私生活でも次から次へと問題がふってわいてくるものです。 「なんでこんなについてないんだろう・・こんな状況でどうやってポジティブになれって言うんだよ・・」 こんな感じで毎日がストレスの連続と言う状況におかれてしまっているという方も多いのではないでしょうか? では、こう...

≫つづきを読む

現実を変える唯一の方法

現実を変えるサイコロ 今のあなたの現実を見たときに、 十分に幸せだと思えるでしょうか?  それとも、 まったく幸せでなく、もの足らなさを感じているでしょうか? もし、あなたが何かもの足らなさにより、幸せでないと考えているとしたら・・・、 その現実を変える方法があります。 それは、 ”あなたの思考を変えること”です。 あな...

≫つづきを読む

自分も他人も責めない

自分も他人も責めないOKと言おう あなたの周りでは、いつもいろんな出来事が起こります。その出来事は、あなたにとって、プラスことかもしれませんし、マイナスのことかもしれません。人間の性質として、プラスのようなことが起こると、その”プラスの理由”を探して、プラスの気持ちを強めようとする性質があります。逆に、マイナスのことが起こった場合も...

≫つづきを読む

劣等感とうまくつき合う

劣等感や失敗を、可能なことと前向きに考えよう  あなただけではなく、誰もが劣等感を多かれ少なかれ持っています。 劣等感は、他の人と比べて、「どうして、自分はできないだろう・・・」というネガティブな感情です。 そして、他の人をみて、 「あんな風になれたらいいのにな・・・」とも同時に考えます。 このような劣等感を持つことは、とても「ふつう」のことで...

≫つづきを読む

ネガティブな性格を変える3つの方法

ネガティブな性格を変える3つの方法 「自分のネガティブな性格を変えたい!!」と思ったことはありますか?ポジティブな人をみて、「自分もあんなふうだったらいいのにな・・」と思ったことはありますか?性格は、生まれつきや、子どものころに育てられた環境やその経験によって”決まっている”と思われているかもしれません。しかし、それは ”間違い” で...

≫つづきを読む

批判・バカにされても気にならなくなる方法

批判する人への対処  あなたの周りにいませんか?いつも他人をバカにしている人  自分のことを棚に上げて批判ばかりしている人 こういうたぐいの人とは関わらずに、距離をおきたいものですね。 でも、勤務先やつき合い上、関わらなくてはならないことも多いのも事実です。 では、こんな人たちと、どのように付き合ったら良いのでしょうか...

≫つづきを読む

7つのネガティブな感情の生まれ方

ネガティブとポジティブ だれでも日常的にネガティブな感情におそわれることがあります。そして、そのたびに心の中でボヤいたりしていることがあるのではないでしょうか?しかし、そのネガティブな感情の原因は何でしょう?実は、そのネガティブな感情は、あなたの心の持ち方が引き起こしているのです。ここでは、代表的な7つのネガティブな感情を...

≫つづきを読む

人生を後悔しないために今すぐできること

できること 「人生は後悔の連続だ・・・」なんていう冷めたことを言う人もいますが、人間だれでも「後悔」は、”できればしたくないモノ”ですよね。では、どうして人間はこんなにも後悔し続けてしまうのでしょうか?これを読み解くカギは、あるアンケート調査にあります。このアンケートは、70歳以上の人たちに、「あなたが後悔して...

≫つづきを読む

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる