勉強する子どもに育てるには子どもの精神的安定を与えるため、夫婦の関係を飛躍的に良好にする会話術

心の安定を与えるたった一つの方法

 

思春期や受験を控えた子供に必要なこと・・・それは
 心の安定
です。

 

どうやったら余計な心配はせずに勉強に集中して取り組めるのだろう・・・心を安定させてあげられるのだろう?

 

 

では・・”子供に心の安定をもたらすもの”はなんでしょうか?
逆にその安定を奪うものはなんでしょうか?

 

子どもの心の安定に必要なもの

 

それは”夫婦関係”そのものなのです。つまり・・
 子供の問題=夫婦関係の問題
なのです。
(⇒なぜ夫婦関係が重要か?)

 

家族の安定 
現在の心理学では、安定な夫婦関係を築いている夫婦にくらべて、そうでない夫婦の場合には、子供が不安定になりやすいリスクが3倍以上もあるとされています。
ここで言う安定は、情緒的に安定して学校の成績もよく、自己肯定的であるということです。

 

もし、なんらか子供が不安定な状態を感じられたと時には、直接的に原因を探るよりまず、ご夫婦の関係性について見直してみることが必要となります。
どこかで相手を責めているようなことがないでしょうか?子供の前で言うかどうかはあまり関係ありません(子供はその関係性を敏感に感じ取るので)

 

夫婦の関係を良くする会話術

じゃあどうすれば関係性を良くすることができるのでしょうか?
いままでの積み重ねもあり、急に何かをできる訳でもないし、何をしたら良いかもわからない
ということもあるかもしれません。

 

 たった一つだけするとすれば・・・

 

 「毎日 10分 会話をする」

 

 簡単そうで以外にできていないのではないでしょうか?
 具体的な行動をすることが必要です・・
 たとえば、

  •   少しだけ会社から早く帰る、
  •   飲み会を1次会で切り上げる
  •   スイーツを買って帰る
  •   お茶を入れる
  •   テレビのニュースを見ない

 どれか「これはムリ!」なことはあるでしょうか?
 どれひとつとして難しいことは無さそうですね。

 

 そして会話をするときに気をつけることは、相手の話を「傾聴する」ことです。

 

 聞く < 聴く < 傾聴する

 

 それぞれのレベルの違いはわかると思いますが、
 相手の言葉をさえぎることなく、自分の意見ははさまず・・です。
適度にあいづちを打ちながら「聴く」ことです。

 

 マーティン・セリグマンという心理学者によると、次の3つのテクニックを提唱しています。

 

 1)相手の発言を確認すること
      発言を肯定し、相手の発言を繰り返す(あるいは言い換える)
       「○○だったんだ」
       「そう、○○だったんだね」

 

 2)会話に集中する環境をつくること
      テレビを消し、静かな環境で話すなど
      そういう環境でないときは、場所・時間を改める

 

 3)口論になりそうなときは、話す順番を決めるルールを作ること

 

  そして、極力ポジティブな言葉を使うことが重要です。相手がネガティブな言葉を発してきても、それには応じず、ポジティブな言葉を発し続けることが大切です。

 

 これができれば、間違いなく夫婦関係はよくなりますので、ぜひ実行してみてください。
 最初はうまくいかないかもしれません。1回で失敗したからといっても軽く受け流し、決して相手のせいにしないことです。

 

 関係を良くしようというメッセージは確実に相手に伝わっているはずですから・・・。

 

わせて読みたい記事

目標と作戦を立てる

成功の目標イメージと作戦を考える 目標を立てる 子供の進路について目標を立てるときに注意することはなんでしょうか? ここは、あんしん父さんの出番としては非常に重要な場面となります。 注意しなければならないことは、  「自分の好きな道を選べばよい・・・」と言ってあげながらも、心の中では、 「最低でも名前の通った難関校には行ってほしい・...

≫つづきを読む

信用と信頼

信頼でハートを大事に温める あたは子供を「信用」していますか? 「信頼」していますか?「信用」と「信頼」の違いは何でしょうか?どこが異なるのでしょうか?信用は「信用取引」といった使われ方をするように、何らかの裏付け、担保がある関係を指します。自分から「信用すること」で、相手から「何かを得ようとする関係と言うこともできます。これ...

≫つづきを読む

夫婦の課題

学習性無力感の実験図 お父さんの役割は頼もしさです。仕事のデキるお父さんは、大きな方向性とスケジュール管理や受験の作戦などのアドバイスができます。「お前はできる」とお父さんが言ってくれればこれほど自信になることはありません。最悪の対応は、 お母さんにすべて任す お母さんの指示でしか動かない 無関心を装う・・などです。 逆...

≫つづきを読む

勉強しなさい!と言ってはイケない

お母さんが怒ってはいけないイメージ まさか! と思われたかもしれませんが、驚くことに事実です。 これは、「親の子どもへの接し方と子どもの学力の関係」を文部科学省が調査したもので、親の接し方によって、子どもの成績がプラスになるかマイナスになるかを示しています。文部科学省の調査(平成20年) 「ほとんど毎日、勉強しなさい」と言われている子...

≫つづきを読む

ほめて育ててはいけない

ほめてるのは禁止の標識  ”叱るよりほめて伸ばす”と言われ、ほめることは子どものやる気を引き出す良い方法とされていると思われているのではないでしょうか?人をほめることが良いとされる、次のような実験があります。【実験】 成績に関係なくランダムに子どもたちを2つのクラスに均等に分け、一方のクラスには  「このクラスの生徒は優秀...

≫つづきを読む

武勇伝を語らない

直線的な生き方  『パパは昔は勉強もできてカッコ良かったんだよ・・』武勇伝(?)を語るオトコ あなたの会社に、こんな上司はいないでしょうか?  「オレが若いころには・・・」  「○○年前にすごい売上を達成して・・」  「オレの経験から言うと・・・」  「オレもさんざん苦労してここまで来たよ・・・」 あるいは、家でお...

≫つづきを読む

心の安定を与える

家族の安定 思春期や受験を控えた子供に必要なこと・・・それは 心の安定です。どうやったら余計な心配はせずに勉強に集中して取り組めるのだろう・・・心を安定させてあげられるのだろう?では・・”子供に心の安定をもたらすもの”はなんでしょうか?逆にその安定を奪うものはなんでしょうか?子どもの心の安定に必要なものそれは”...

≫つづきを読む


HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる