子どもをほめて育ててはいけません。「ピグマリオン効果」は期待することであって、ほめることとは違うのです。

ピグマリオン効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

”子どもの教育では、叱るよりほめて伸ばすほうが良い”

 

子育てのキホンとなる教訓として、あなたは信じていませんか?

 

”「ガミガミ言うよりも、ほめることは子どものやる気を引き出す良い方法だ”

 

と思い込んでいないでしょうか?

 

 

そう思い込んでいる人は多いのですが、それは、人をほめることが良いとされる、次のような実験があるからなのです。

【実験】
 まず、成績に関係なく、ランダムに子どもたちを2つのクラスに均等に分けます。
一方のクラスには、
  「このクラスの生徒は優秀だから、成績がどんどんよくなることが期待できる」
と先生と生徒に伝えます。

 

 これに対して、もう一方のクラスの先生と生徒には、
 「君たちは能力がやや劣るから成績はそれほど期待していないよ」
と伝えます。

 

 そして、どちらのクラスも同じカリキュラムでまったく同じレベルで授業を1年間続けます。

 

 そして、1年後に、この2つのクラスで学力テストを実施して成績を比べてみると、
”優秀だ”と言われたクラスのほうが、”劣る”と言われたクラスよりも平均して成績が良くなったのです。

 

 このような実験から、
人は期待されたほうが効果を出しやすくなるとされ、
”ピグマリオン効果”と呼ばれています。

 

先生が生徒に期待を込めて接し、期待を受けとめる生徒たちも期待に応えようとして努力した

 

ということで説明されます。

 

 「やっぱりほめて育てると、成績も伸びるんだな」と思われましたか?

 

残念ながら、それは違います。
勘違いしてはいけないのは、
「ほめた」のではなく、「期待した」
という点です。

「ほめて育てる」が間違いな理由

 あなたは、「ほめて育てるのが正しい」と思っていませんか?

ストップ

 それは間違いです。

 

有名な心理学者のアドラーは、ほめて育てることの危険性を指摘しています。

 

理由は2つあります。

 

 

理由その1

 ほめる行為というのは、上下の人間関係の上に成り立ちます。なので、ほめる側は、相手を上から目線でみていることになります。
親子関係であっても、基本的には対等な人間関係であり、それぞれの行動は、本来はそれぞれが決めるものです。
ほめるという行為は、

 

「自分以外(=他人)の行動ををコントロールしよう」
という意識を働かせて、上の立場から子どもを見ているのです。

 

短期的には効果があるかもしれませんが、長い目で見ると、親子間で信頼できる人間関係を築くことができなくなってしまいます。

 

理由その2

 ”ほめること”がなんらかの報酬(ご褒美)になっていると受け止めてしまうと、それ自体が目的となり、その目的のために行動することになってしまう
という点です。

 

 「良い成績をとればゲームを買ってあげる」
といった物的なご褒美を与えると、それが目的となってしまいます。
これは、親が、モノで釣って子どもに勉強させて、自分が一時的に安心するためにやっているだけです。

 

 一度のご褒美がキッカケとなって、ある日を境にずーっと継続的に勉強するようになった・・

 

残念ながら、そんな話はほとんど聞いたことがありません

 

 このホームページのタイトルにもあるように、”勉強ができる子”ではなく”勉強する子を育てる”ことを目的とするなら、この「ほめる」方法は果がないと言えそうです。

 

 では、どうすれば良いのでしょうか・・?

 

 ピグマリオン効果のように、”期待すること”は問題ありません。
 親は子どもに、
 「あなたはやればできるから、勉強を頑張って成果を出すことを期待している」
というメッセージを伝えることはOKです。

 

 しかし、その期待を受けて、
勉強をするかしないか?
は、親がコントロールできません。

 

 もし、その期待に応えてくれて、勉強を頑張ったら成果として成績がよくなれば、
 「みんながうれしい気持ちになったよ、ありがとう・・・」
 という感謝の言葉を出すことで、子どもはとても勇気づけられます。

 

子どもは親との強い関係で結ばれていますから、何らかの形で必ず期待に応えようとするものです。
その期待に応えようとする気持ちを大切にすることが一番大切なことなのです。

 

最悪なのは、
その期待に応えようとする気持ちを、ご褒美を与えることによって、物質的なものに置き換えること
です。
ご褒美で釣るようなことは、信頼関係にヒビが入る可能性があるので、決してしないようにしてくださいね。

 

わせて読みたい記事

目標と作戦を立てる時こそがお父さんの出番

成功の目標イメージと作戦を考える 目標を立てる 子供の進路について目標を立てるときに注意することはなんでしょうか? ここは、あんしん父さんの出番としては非常に重要な場面となります。 注意しなければならないことは、  「自分の好きな道を選べばよい・・・」と言ってあげながらも、心の中では、「最低でも名前の通った難関校には行ってほしい・・...

≫つづきを読む

信用と信頼

信頼でハートを大事に温める あたは子供を「信用」していますか? 「信頼」していますか?「信用」と「信頼」の違いは何でしょうか?どこが異なるのでしょうか?信用は「信用取引」といった使われ方をするように、何らかの裏付け、担保がある関係を指します。自分から「信用すること」で、相手から「何かを得ようとする関係と言うこともできます。これ...

≫つづきを読む

勉強する子どもを育てるカギは夫婦の役割分担

学習性無力感の実験図 お父さんにとって、大切な役割は、ズバリ”頼もしさ”です。仕事のデキるお父さんは、大きな方向性を示したり、スケジュールを管理したり、作戦・戦略を考えてアドバイスしたりすることが得意です。「お前はきっとできる」とお父さんが言ってくれればこれほど自信になることはありません。最悪の対応は、お母さんにすべて任...

≫つづきを読む

勉強しなさい!と言ってはイケない

お母さんが怒ってはいけないイメージ まさか! と思われたかもしれませんが、驚くことに事実です。 これは、「親の子どもへの接し方と子どもの学力の関係」を文部科学省が調査したもので、親の接し方によって、子どもの成績がプラスになるかマイナスになるかを示しています。文部科学省の調査(平成20年) 「ほとんど毎日、勉強しなさい」と言われている子...

≫つづきを読む

「ほめて育てる」が間違っている2つの理由

ほめてるのは禁止の標識 ”子どもの教育では、叱るよりほめて伸ばすほうが良い”子育てのキホンとなる教訓として、あなたは信じていませんか?”「ガミガミ言うよりも、ほめることは子どものやる気を引き出す良い方法だ”と思い込んでいないでしょうか?そう思い込んでいる人は多いのですが、それは、人をほめることが良いとされる、次のような実験...

≫つづきを読む

自分の武勇伝を語る親が受け入れられない理由

直線的な生き方  『パパは昔は勉強もできてカッコ良かったんだよ・・』あなたは子どもにこんなことを言ってませんか? あなたの会社に、こんな上司はいないでしょうか?「オレが若いころには・・・」「○○年前にすごい売上を達成して・・」「オレの経験から言うと・・・」「オレもさんざん苦労してここまで来たよ・・・」 あるいは、家...

≫つづきを読む

子どもに心の安定を与えるたった一つの方法

家族の安定 思春期や受験を控えた子供に必要なこと・・・それは 心の安定です。どうやったら余計な心配はせずに勉強に集中して取り組めるのだろう・・・心を安定させてあげられるのだろう?では・・”子供に心の安定をもたらすもの”はなんでしょうか?逆にその安定を奪うものはなんでしょうか?子どもの心の安定に必要なものそれは”...

≫つづきを読む

学歴が重要である”本当の理由”を子どもに教えますか?

学歴は成功へのパスポート? 「学校の勉強ってオトナになってからなんの役に立つの?」あなたは、お子さんからのこんな質問にきちんと答えることができますか?おそらく、きちんと自信を持って答えられていないのではないでしょうか?なぜなら・・・「ほとんどは役には立たないことが事実、でも役に立たないなんて言って勉強しなくなったら困る・・・」...

≫つづきを読む

勉強ができないのは親の責任ではありません

子どもの信号 「子どもが勉強しなくて困っている・・・」こんな悩みをあなたはお持ちではないですか?そして、「子どもの成績が伸びなくて困っている・・・」こんな悩みもあるのではないでしょうか?この種類の悩みのもとは、自分ではどうしようもないもどかしさ一体どうてあげたら良いのかわからないという、漠然とした不安に襲われるこ...

≫つづきを読む

子どもの自立を邪魔する親になっていませんか?

子どもの自立 「最近の子どもは反抗期が無い」と言われて、うなずく人も多いのではないでしょうか?反抗期は、12歳〜18歳くらいまでの間に、とにかく世間やその代表みないな親が嫌いになる時期です。そして、反抗期は、・自己主張の第一歩・社会に出たときに人とぶつかるための予行演習といった意味とも考えられてきました。しかし、...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる