潜在意識はあなたの大きな力になるデータバンクです。潜在意識を変えれば、自分を変えていくことができます。

人間の意識には「3つの層」がある

あなたの”意識”には、3つの層があることをご存知でしょうか?。

 

この”3つの層”を自覚することで、自分の意識のレベル(マインドセット)を変えていくことができます。
それでは、その3つについてご説明します。

 

顕在意識

 これは普段あなたが認識している”意識そのもの”になります。
 外から新しい情報を自分の中に取り入れて、いまのあなたが持っている知識や経験といったものと比べながら、
その”価値”(=例えば良い/悪い とか 損/得)を分析して、次にあなたがとる行動を決定する意識です。

 

 人間が持っている5感(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚)で刺激を感じたり、記憶を呼びさましたり、考えしたり、物ごとを判断したり、言葉を口に出ししたり…という働きをする意識です。

 

 あなたが普段、”アタマでおこなっていると思っている”行動を難しく言うと、こういうことになります。

 

 実は・・・、普段メインで使っているこの顕在意識は、心全体を100とすると、そのうちのわずか3〜10%でしかないのです。

 

潜在意識

 顕在意識は、あなたが行動するときに意識されているのに対して、「潜在意識」という無意識の領域があなたの心の中にはあります。

 

 この潜在意識は、あなたの考えたこと、アイデア、感情、経験を全部ため込んで記録しておく巨大なデータバンクのようなものです。
 この巨大なデータバンクの中を、ネガティブな(=マイナスの)情報で埋めるのか、それともポジティブな(=プラスの)情報で埋めていくのかで、潜在意識の働きは大きく違ってきます。

 

 ただ、顕在意識とちがって、普段は意識していなので、このナン10倍も大きい潜在意識の力を、あなたは残念ながら引き出すことがでできていません。
 もし、この潜在意識の力を引き出すことができれば、あなたには”何10倍もの無限の可能性”が生まれていくことになります。

 

超意識

 超意識は、”ヒラメキ・想像力・直観力の源”となる部分です。
 もし、明確な目標と鮮明なイメージとポジティブな命令で刺激しつづけると、あなた自身が思いもよらなかったヒラメキ??を得ることができるようになります。

 

 

 このように、あなたが意識できている”意識”は、ほんのわずかなのです。
 この3つの層をもっと使っていくことができれば、あなたの人生をもっと思いどおりに過ごすことができるようになるのではないでしょうか?

潜在意識にインストールする

 あなたと一番会話している人はだれでしょうか?

 

 

 答えは”あなた自身です。
 あなたは、あなた自身と常に会話しており、自分が持っているボキャブラリーを自分自身に話しかけているのです。

 

 「自分は何をやってもうまくいかない」 「いつも俺って失敗ばかりだ・・・」
 「俺にはできそうもない」 「オレは不幸な星のもとに生まれたんだ」

 

なんてネガティブな言葉で自分と会話していると、潜在意識(あなたの意識の大半を占めている)はそれを”指令”として受け取り、あなた自身のイメージや言動に大きくマイナスの影響を及ぼすことになります。「そうあってはほしくないこと」を自分に話かけると、できることもできなくなってしまいます。

 

 逆に、自分に「私はできる」とポジティブな言葉を話かけるとき、潜在意識はそれを指令として受け取り、ポジティブな方向に変えようとしていきます。

 

 あなたのボキャブラリーをポジティブなものに変え、自分を高める習慣を身につけることで、やがてそれに”現実が合ってくる”=”成功できるようになる”のです。
つまり、あなたが自分の潜在意識に話かけるとき、ポジティブな言葉であればポジティブな現実を創りだしていくことになるのです。

 

 潜在意識に、ポジティブな言葉を語りかけ、「私はできる」「必ずうまくいく」という信念をインストールすることができれば、あなたに起こることのすべてが、ポジティブなものに変わっていくことになるのです。

 

わせて読みたい記事

潜在意識を変える

イクメンを示すペンギン家族 あなたの”意識”には、3つの層があることをご存知でしょうか?。この”3つの層”を自覚することで、自分の意識のレベル(マインドセット)を変えていくことができます。それでは、その3つについてご説明します。顕在意識 これは普段あなたが認識している”意識そのもの”になります。 外から新しい情報を自分の中に取...

≫つづきを読む

折れない心の作り方

粘り強いレジリエントな枝  あなたは心が”ポキッ”って折れたことはありますか? 「やっていられないっ!・・・」と理不尽さに怒りながらも、どうしようもない思いになってしまうことは、誰でもあることかと思います。 そんなときは、気持ちをどういうふうに整理したらよいのでしょうか・・・? その助けとなるのが レジリエンス の考え方です...

≫つづきを読む

EQ−こころの知能指数−を鍛える

EQこころの知能指数を高める  あなたはIQ という言葉はご存知でしょうか? そうです。知能指数 ですね。当然、IQが高い=賢い、頭がいいとお考えになるのではないでしょうか? しかし、IQがいくら高くても社会でうまくいかない人も多いのです。 あなたの周りにも・・・いますよね?  「頭はいいんだけど・・・チョットねぇ〜・・・」  ...

≫つづきを読む

マインドフルネス

マインドフルネスで今に集中する脳 ”マインドフルネス”をご存知でしょうか?マインドフルネスとは、 その瞬間瞬間に一つのことに全神経を集中させることです。 あなたが子どもの頃を思い出してみてください・・・。 さっき怒られたことや、あしたの宿題のことなど、頭の中にはぜんぜん無い状態で一つのことに夢中になれたのではないでしょうか? そして...

≫つづきを読む

選択理論のキホン

 選択理論は、アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士(William Glasser. 1925〜 )が提唱した心理学です。その内容は、 人の行動の殆どはその人自身が選択したものであり、人は生存  愛と所属  力  自由  楽しみという5つの基本的欲求を満たすことを動機として行動している とい...

≫つづきを読む

他人を信用する

信用するTrust ポーランドの逸話で、こんな話があります。ある谷合の村に大雨が降り、やがて川が氾濫して洪水となりました。村人たちは、次々と山へ避難し始めます。村人の一人が教会へ寄り、牧師に声をかけました。 「牧師さん、ここは危険です。一緒に逃げましょう」 「いいえ、私はどこも行きません、神様を信じているから神様が私を...

≫つづきを読む

ブレてても全然問題ありません!

道を間違う  「人間が下す決定の少なくとも70%は間違っている」 アメリカの経営協会の文書によると、成功している経営者への調査からという驚くべき結果が記載されているそうです。 成功している経営者がそうなのですから、一般庶民の僕なんかはほとんど間違っていることになってしまいます。 一貫性を維持すると失敗する あれ...

≫つづきを読む

自分をほめてポジティブになる

JustBe あなたは自分のことが好きでしょうか?おそらくほとんどの人は、自分に対してネガティブなイメージを持ってしまっています。「自分はちっぽけで、つまらない人間だ・・・」「自分はありきたりで、これと言って自慢できるものはない人間だ・・・」といった具合です。あなたは、子どものころから、”人に自慢するのは良くない...

≫つづきを読む

余分なものを捨てると大切なものが見える!

不要なモノたち あなたの周りには不要なもの、”余分なモノ”があふれているのではないでしょうか?忙しくてただでさえ時間の無いあなたに、いろんな情報が次から次へとやってきます。ネットで情報を得ようとすると、いろんな広告が目に入ったり、メルマガなどで”お得な情報”が洪水のように一方的に流れ込んできます。そして、あなたは、...

≫つづきを読む


HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる