本当の”個”育てができていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 「子どもをどんなふうに育てたいですか?」
という質問に対し、ものわかりのよりお父さん・お母さんはこう答えます。
 「個性的な子どもになってほしい」

 

 幼稚園、学校に入るころには、どんなことを心配されているでしょうか?
 「学校になじめるかしら」
 「まわりから浮いた存在にならないだろうか?」
 「人並みの成績は取れるだろうか?」
 「目立って逆にいじめられたりしないだろうか?」

 

 日本の”学校”と呼ばれるところでは、決して個性など重んじていません。なので、このような心配をして、”そこそこ個性的であること”を望んでいるのが実情ではないでしょうか?
 進路についてはどうでしょうか?個性的に・・・とはいうものの・・・
 「結婚して、幸せな家庭を築いてほしい」
 「そのために公務員か大企業に就職してほしい」
 「そのためにイイ大学に入ってほしい」
 「そのためにイイ高校、中学に入ってほしい」
という、日本でもっとも重要視される”安定した人生”を望んでいるのではないでしょうか?
 これでは個性的な人が育ちそうもありません・・・。
 子どもは生まれたときから、無限の可能性、創造力を持っています。それを活かせる社会になっていかないと日本は本当に均質化したつまらない国になってしまうのかも知れません。

本当の希望を見失わないために

 テレビやインターネットで垂れ流されている広告は、人間の飢餓感をあおるものがほとんどです。

 

 お金持ちの豪華な暮らしぶり、高級車の快適さ、とても高級で美味なレストラン、1年で2億稼いだという成功者のストーリー、若々しく美しい女性の秘訣・・・

 

私たちは、金、モノ、外見といった価値を重視し、それが幸せに直結しているように錯覚させられていないでしょうか?
 それほどお金持ちでなくとも、先に書いた”安定した人生”が最良だなんて、今の時代、果たして本当にそうなんでしょうか?

 

 哲学者のアーヴァインは、
  「人は、何が自分を幸せにするのかについて、間違った欲望を形成する
   (=ミス・ウォンティング=”欲求ミス”を犯す)」
と指摘しています。

 

 たとえば、父親が立派なお医者さんの子どもが、幼いころから周りの人から刷り込まれた結果、
 「自分は医者になりたい」
と勘違いし、
猛勉強して医学部に入学したところで、全く向いていないことに気付いてしまう・・・
といったことが実際にはよく起こってしまうのです。

 

 ”本当に望んでいるものが何なのか?”

 

を勘違いをさせてしまうと、結果的に不幸になってしまいます。

 

 親の過剰な期待や、ネット上にあふれるいろんなウワサやその時々のムード、
マスコミの話題作りのためのミスリード・・・そんな情報があふれている世の中で、

 

簡単に自分の欲望を変化させてしまう

 

ことが起きてしまうことには注意しなければなりません。
 社会を生きているお父さんは、それができる存在として、とても重要な役割をもっているのですね。

 

わせて読みたい記事

教育費は聖域か?

 子どもの教育にはお金がかかる・・・・・ 文部科学省の調査によると、大学卒業までにかかる費用は、全て国公立の場合 :約1,000 万円   全て私立の場合   :約2,300 万円     (子ども一人あたり)とされています。 しかし、多くのご家庭にとって教育費は”聖域”と言われ、他の出費は削れても...

≫つづきを読む

塾とか予備校とかどうしたら良いか迷った時は?

子どもの勉強のことを考えるときに、塾・予備校は行かせたほうがいいの?どの塾がいいの?学校は塾に行かなくても大学受験は大丈夫と言うけど・・こんな悩みはつきものです。人によって言うことは違いますし、もちろん子どもの特性によっても違います。いろんな”説”がありますが、いかに人に惑わされずに、”正しく選択で...

≫つづきを読む

自己肯定感が家庭の教育上最も重要な理由

自己肯定感 自己肯定感とは、「自分がやろうと思ったことが達成できる」「身の回りの世界を自分で変えられる」という感じで、自分に自信が持てる状態のことです。この自己肯定感を持った人は、多少の失敗にもめげずに、いろんなことにチャレンジしていきます。そして、失敗しても立ち直って、また新しいことにチャレンジして、創造力を...

≫つづきを読む

子どもの希望を叶える

希望  「子どもをどんなふうに育てたいですか?」という質問に対し、ものわかりのよりお父さん・お母さんはこう答えます。 「個性的な子どもになってほしい」 幼稚園、学校に入るころには、どんなことを心配されているでしょうか? 「学校になじめるかしら」 「まわりから浮いた存在にならないだろうか?」 「人並みの成績...

≫つづきを読む

最も効果的な投資とは?

 教育へのお金の使い方はいろいろありますが、塾や予備校などそれなりにお金がかかりますね。(←塾と予備校の選択) それでも、多少無理をしてでもお金を払うことになります。それは、やはり 塾や予備校へのお金=投資 は、それなりの”対価”を得ることができるからお金を払っていると考えることができます。 では、...

≫つづきを読む

学習性無力感からの脱却

ストレス解消の心理コントロール あなたは学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?なんだか聞いただけで力が抜ける感じがしてしまいます。この”学習性無力感”とは、動物を使った次のような実験にもとづいて、心理学者のセリグマン博士がを発見したものです。【実験】1)電気ショックを与えるパネルの上に、犬を置きます。 一方(図の左側)は電気シ...

≫つづきを読む

ニガテを意識しない

失敗の積み重ねが成功  あなたのお子さんの成績だとしたら、どちらが”良い”とお感じになりますか? 算数△  体育◎  VS  算数 〇  体育〇 多くの方は、右側ではないでしょうか? ニガテ科目があることは良くない!と瞬間的に思ってしまうのではないでしょうか? 人間には、◎のプラスより△のマイナスのほうを”大きく捉える”...

≫つづきを読む

違いを尊重しないと子供は伸びない

違いを認める|エンドウ豆のイメージ スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた「7つの習慣」を読んでいると、子ども育て方にかんするヒントがありました。それは、H.リーブス博士の『動物学校』というおとぎ話が素晴らしかったので紹介させて頂きます。むかしむかし、動物たちは、「新しい世界」の様々な社会問題を解決するために、何か勇敢なことを...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる