学習性無力感をなくすことが子どもの教育への投資で最も大切なこと。

学習性無力感は恐ろしい|セリグマンの犬の実験

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あなたは学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?

 

なんだか聞いただけで力が抜ける感じがしてしまいます。

 

この”学習性無力感”とは、動物を使った次のような実験にもとづいて、心理学者のセリグマン博士がを発見したものです。

 

【実験】

1)電気ショックを与えるパネルの上に、犬を置きます。
 一方(図の左側)は電気ショックを与え続けますが、その電気を止めるスイッチが無いので、そのショックを受け続けるしかない状態になります。
 もう一方(図の右側)にも電気ショックを与え続けますが、こちらのパネルには、電気を止めるスイッチがあるので、電気ショックを止めることを学習させることが可能です(図の右側)。

 

2)次に、片側は電気ショックゾーン、もう片側は安全ゾーンの2枚のパネルを置いて、その間を仕切ります。
 ただし、この仕切りは、犬が簡単に飛び越えて移動できるようにしてあります。

 

3)電気ショックを止める方法を学習していた犬は、当然のように安全ゾーンに移動しましたが(図の右側)、
 電気ショックを止めることができずにいた犬は、安全ゾーンには移動しようとせず、電気ショックを受け続けてしまったのです(図の左側)。

 

学習性無力感の実験図(セリグマンの犬)

 

 この実験で恐ろしいことは、"どうせ移動できない"とあきらめてしまったことで、すぐとなりにある安全ゾーンの存在が見えなくなってしまっていることです。
 つまり、”どうせ無駄” ”どうせできない” といったん思い込んでしまって無気力になってしまったので、次の行動を起こせなくなってしまっているのです。

無力感を全力で無くすために

 子どもの勉強でも、この実験と同じように、学習性無力感が起こってしまいます。

 

 例えば、
 ”算数の勉強の初歩でつまずいてしまい、”自分はどうやってもできないんだ”という体験をしてしまうと、
 ”自分はこれ以上勉強しても無駄だ”
と感じてしまい、そのあとも投げ出してしまうのです。

 

 最初はできなくても、ちょっとしたキッカケでデキるようになり、その科目が好きになった経験はありませんか?
 学習性無力感はこれと逆のことが起こってしまうのです。

 

 一度あきらめてしまうことで、できるようになるちょっとしたキッカケ、基本的な問題とかがあったとしても、見えなくなってしまうのです。
 これはとてももったいないことです。

 

 もし、このような学習性無力感に陥るような状況だけは、避けるようにしなければなりません。
 一番効果があるのは、自己肯定感を高めることです。

 

 また、子どもの学習への意欲を高めるには、モチベーションをUPさせることはもちろん大切です(←モチベーションUP術)。

 

 子どもはいつかは何かで必ずつまずくので、そのつまずいた時に、
それを克服する力、ほかに方法があるんじゃないか?
 と”自分で考える力”を養うことが重要になります。

 

  違うやり方を試してみる、時間をおいてやり直してみる、友達に聞いてみる

 

 このような自分で考えてみる力は、 勉強だけからはけっして学ぶことができない ということを忘れないでください。

 

 この力は、友達・仲間とのスポーツや遊びの中から気づくことが多いのです。一人でこつこつ勉強するだけでは、決して身につかない思考なのです。

 

 子どもの成績を結果だけで見てはいけません。どこでつまいずいているか?を的確に見てアドバイスすることが重要で、
このような考えてみる力を育てることが、最終的に勉強する子どもを育てることになるのです。

 

わせて読みたい記事

教育費は聖域か?

 子どもの教育にはお金がかかる・・・・・ 文部科学省の調査によると、大学卒業までにかかる費用は、全て国公立の場合 :約1,000 万円   全て私立の場合   :約2,300 万円     (子ども一人あたり)とされています。 しかし、多くのご家庭にとって教育費は”聖域”と言われ、他の出費は削れても...

≫つづきを読む

塾とか予備校とかどうしたら良いか迷った時は?

子どもの勉強のことを考えるときに、塾・予備校は行かせたほうがいいの?どの塾がいいの?学校は塾に行かなくても大学受験は大丈夫と言うけど・・こんな悩みはつきものです。人によって言うことは違いますし、もちろん子どもの特性によっても違います。いろんな”説”がありますが、いかに人に惑わされずに、”正しく選択で...

≫つづきを読む

自己肯定感が家庭の教育上最も重要な理由

自己肯定感 自己肯定感とは、「自分がやろうと思ったことが達成できる」「身の回りの世界を自分で変えられる」という感じで、自分に自信が持てる状態のことです。この自己肯定感を持った人は、多少の失敗にもめげずに、いろんなことにチャレンジしていきます。そして、失敗しても立ち直って、また新しいことにチャレンジして、創造力を...

≫つづきを読む

子どもの希望を叶える

希望  「子どもをどんなふうに育てたいですか?」という質問に対し、ものわかりのよりお父さん・お母さんはこう答えます。 「個性的な子どもになってほしい」 幼稚園、学校に入るころには、どんなことを心配されているでしょうか? 「学校になじめるかしら」 「まわりから浮いた存在にならないだろうか?」 「人並みの成績...

≫つづきを読む

最も効果的な投資とは?

 教育へのお金の使い方はいろいろありますが、塾や予備校などそれなりにお金がかかりますね。(←塾と予備校の選択) それでも、多少無理をしてでもお金を払うことになります。それは、やはり 塾や予備校へのお金=投資 は、それなりの”対価”を得ることができるからお金を払っていると考えることができます。 では、...

≫つづきを読む

学習性無力感からの脱却

ストレス解消の心理コントロール あなたは学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?なんだか聞いただけで力が抜ける感じがしてしまいます。この”学習性無力感”とは、動物を使った次のような実験にもとづいて、心理学者のセリグマン博士がを発見したものです。【実験】1)電気ショックを与えるパネルの上に、犬を置きます。 一方(図の左側)は電気シ...

≫つづきを読む

ニガテを意識しない

失敗の積み重ねが成功  あなたのお子さんの成績だとしたら、どちらが”良い”とお感じになりますか? 算数△  体育◎  VS  算数 〇  体育〇 多くの方は、右側ではないでしょうか? ニガテ科目があることは良くない!と瞬間的に思ってしまうのではないでしょうか? 人間には、◎のプラスより△のマイナスのほうを”大きく捉える”...

≫つづきを読む

違いを尊重しないと子供は伸びない

違いを認める|エンドウ豆のイメージ スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた「7つの習慣」を読んでいると、子ども育て方にかんするヒントがありました。それは、H.リーブス博士の『動物学校』というおとぎ話が素晴らしかったので紹介させて頂きます。むかしむかし、動物たちは、「新しい世界」の様々な社会問題を解決するために、何か勇敢なことを...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる