教育投資において最も効果的な投資は、時間の使い方

教育へお金をかけること

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 教育へのお金の使い方はいろいろありますが、塾や予備校などそれなりにお金がかかりますね。(←塾と予備校の選択
 それでも、多少無理をしてでもお金を払うことになります。それは、やはり 塾や予備校へのお金=投資 は、それなりの”対価”を得ることができるからお金を払っていると考えることができます。
 では、その対価とは何でしょうか?

 

  @勉強意欲の高まり
  A受験勉強のテクニック習得
  B学習習慣
  C親の安心感
   ・
   ・
 といったところでしょうか?
 もちろん、効果があることはあるとは思いますが、ビジネス風に考えた場合、”費用対効果(B/C)”という意味で、最も重要でかつ効果的なものがあります。

時間を大切にする

 投資に必要な2大要素は、お金と時間であり、教育の場合は”時間”が最も重要な要素になります。

 

 

時間を守ると成績が上がる!

  学校の成績と遅刻日数には、明確に因果関係があると言われています(グラフ参照)。
 つまり、
   遅刻が多い子どもは成績が下がる
   遅刻が少ない子どもは成績が上がる
 というとても単純なことです。

 

(ベネッセ教育研究所調べ)

 

 遅刻をする =>「時間」を大切にしない

という習慣が身に付いていると、勉強も中途半端になりがちです。

「少しくらい遅れてもいいか?」という”考え方=思考の習慣”は、学習を含むすべてである種の”妥協”の連続につながっていきます。
 逆にいうと、まずは ”遅刻をなくす”
という基本的なことをしていけばよいとも言えます。

 

時間を共有すると成績が上がる!

 現代の大人は忙しくて時間がありません。
 家に帰ってもパソコンや携帯電話など、手が休まるときがなかかな無いのではないでしょうか?

 

 一方、子どもも塾や予備校で遅くまで外出し、家に帰っても部屋にこもっていては、なかなか勉強について話す機会も少なくなります。
 週末の少しの時間でも、勉強や進路のことについて話して、時間を共有する時間を取ることが大切です。
そのときに注意することは、悩みや困っていることをよく聴くことが重要で、親の意見をお説教のように話すのはNGです。
心が安定するように話を聴き、時間を共有してみてください( ←心の安定を与えるたった一つの方法)

 

わせて読みたい記事

教育費は聖域か?

 子どもの教育にはお金がかかる・・・・・ 文部科学省の調査によると、大学卒業までにかかる費用は、全て国公立の場合 :約1,000 万円   全て私立の場合   :約2,300 万円     (子ども一人あたり)とされています。 しかし、多くのご家庭にとって教育費は”聖域”と言われ、他の出費は削れても...

≫つづきを読む

塾とか予備校とかどうしたら良いか迷った時は?

子どもの勉強のことを考えるときに、塾・予備校は行かせたほうがいいの?どの塾がいいの?学校は塾に行かなくても大学受験は大丈夫と言うけど・・こんな悩みはつきものです。人によって言うことは違いますし、もちろん子どもの特性によっても違います。いろんな”説”がありますが、いかに人に惑わされずに、”正しく選択で...

≫つづきを読む

自己肯定感が家庭の教育上最も重要な理由

自己肯定感 自己肯定感とは、「自分がやろうと思ったことが達成できる」「身の回りの世界を自分で変えられる」という感じで、自分に自信が持てる状態のことです。この自己肯定感を持った人は、多少の失敗にもめげずに、いろんなことにチャレンジしていきます。そして、失敗しても立ち直って、また新しいことにチャレンジして、創造力を...

≫つづきを読む

子どもの希望を叶える

希望  「子どもをどんなふうに育てたいですか?」という質問に対し、ものわかりのよりお父さん・お母さんはこう答えます。 「個性的な子どもになってほしい」 幼稚園、学校に入るころには、どんなことを心配されているでしょうか? 「学校になじめるかしら」 「まわりから浮いた存在にならないだろうか?」 「人並みの成績...

≫つづきを読む

最も効果的な投資とは?

 教育へのお金の使い方はいろいろありますが、塾や予備校などそれなりにお金がかかりますね。(←塾と予備校の選択) それでも、多少無理をしてでもお金を払うことになります。それは、やはり 塾や予備校へのお金=投資 は、それなりの”対価”を得ることができるからお金を払っていると考えることができます。 では、...

≫つづきを読む

学習性無力感からの脱却

ストレス解消の心理コントロール あなたは学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?なんだか聞いただけで力が抜ける感じがしてしまいます。この”学習性無力感”とは、動物を使った次のような実験にもとづいて、心理学者のセリグマン博士がを発見したものです。【実験】1)電気ショックを与えるパネルの上に、犬を置きます。 一方(図の左側)は電気シ...

≫つづきを読む

ニガテを意識しない

失敗の積み重ねが成功  あなたのお子さんの成績だとしたら、どちらが”良い”とお感じになりますか? 算数△  体育◎  VS  算数 〇  体育〇 多くの方は、右側ではないでしょうか? ニガテ科目があることは良くない!と瞬間的に思ってしまうのではないでしょうか? 人間には、◎のプラスより△のマイナスのほうを”大きく捉える”...

≫つづきを読む

違いを尊重しないと子供は伸びない

違いを認める|エンドウ豆のイメージ スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた「7つの習慣」を読んでいると、子ども育て方にかんするヒントがありました。それは、H.リーブス博士の『動物学校』というおとぎ話が素晴らしかったので紹介させて頂きます。むかしむかし、動物たちは、「新しい世界」の様々な社会問題を解決するために、何か勇敢なことを...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる