子どもの自己肯定感を高めることが、効果的な教育投資を考えるうえで最も重要なポイントです。

自己肯定することがなぜ重要なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

自己肯定感とは、

「自分がやろうと思ったことが達成できる」
「身の回りの世界を自分で変えられる」

という感じで、自分に自信が持てる状態のことです。
この自己肯定感を持った人は、多少の失敗にもめげずに、いろんなことにチャレンジしていきます。
そして、失敗しても立ち直って、また新しいことにチャレンジして、創造力を発揮していけるのです。

 

いかがですか?ほとんどの親は、お子さんがこんなふうに育ってほしいと願っているのではないでしょうか?

 

それでは、
「あなたのお子さんは、自分自身のことをどう思っているんだろう・・・・」
 って考えたことはあるでしょうか?

 

 ある調査によると、
中学生の2人に1人、高校生の3人に2人が、「自分はダメな人間だ」と感じたことがある
と言われています。
 平成25年の調査では、日本の若者は諸外国に比べて、とても”自己肯定感”が低いのです。
自分に満足しているのは半分以下
3人に1人は、自分には長所がないと感じている
と、とても寂しい結果が出ているのです。

 

 

もし、あなたのお子さんが、そんなふうに思いつめていたらどうでしょうか?

 

どうしたら、自分に自信が持てるようになるのでしょうか?
どうしたら、お子さんの自己肯定感を高めることができるのでしょうか?

家庭教育と自己肯定感

あなたはお子さんの将来を考え、成長を楽しみにされていることでしょう。
そして、できれば、自分の力で努力して道を切りひらいていって欲しいと思っていることでしょう。

 

そんな親の思いを受けとめて、自分のエネルギーにしていくために最も必要なことは、
   自分で自分を認める=自己肯定感を高める
ことです。

 

自分の”できていること”を発見し、自分を認め、長所を伸ばして自己肯定感を高めれば、壁にぶち当たっても克服していくパワーを持つことができるのです。
弱点を克服しようとして、ニガテなことばかり意識を向けさせてはいけません(→ニガテを意識してはいけない

 

”できること”・”小さな成功”と積み重ねる体験をしつつ、自分の考えやエネルギーで、無限の可能性と創造力を持つことが重要です。
それができれば、自分が希望する人生を自分の力で選択していくことができるようになるのです。

 

その一方で・・人は潜在意識の中をポジティブな状態にしておかないと、伸びる力も伸びなくなってしまいます。
つまり、潜在意識の中で自己肯定感を高めることがとても重要です(←潜在意識を変える)

 

では、そのための親であるあなたは、一体何をどうすればよいのでしょうか?

 

その答えは、

 

 ”できるだけの応援をする”

 

というのが、親としてできるあなたの役割です。
間違っても、過剰な期待を寄せることと勘違いしてはいけません。

 

親は、精神的な支えとなって、子どもの潜在能力を引き出すのです。
つまり
「やればできる」という自信を持たせてあげること
が最も大切なことなのです (←為せば成るマインド)

 

そうすれば、自己肯定感が高まり、多少の失敗にもへこたれない子どもが育つのです。

受験に向けて自己肯定感を高める環境を創りましょう

自己肯定感を高める観点から、受験勉強を考えてみます。

 

受験勉強の3つのポイントとして、
   学習の量 ・ 学習の方法 ・ 学習環境 
があります(←受験勉強のポイント)。

 

 この時、学習の量、学習方法については、勉強する本人のことなので、親からしてみるとあまり手伝いようがありません。
 もっとも貢献できることは、
 「学習の環境をつくること」
す。
 そして、この環境を整えることが、自己肯定感を高める有効な方法となるのです。

 

 塾や予備校で考えてみます。

 

有名(ハイレベル)な塾や予備校に行くことで、勉強をせざるを得ない環境を創り出すことで、勉強をする環境が整うようになります。
また、ライバルを見つけることで、より競争心に火がついてモチベーションが高まり、一生懸命勉強を頑張るということにもつながります。

 

 ところが、注意しなければならないことは、
  自己肯定感が高まるのかどうか?
をポイントとして判断しなければなりません。。

 

 自己肯定感が高まればOK、もしそうでなければ、違う選択肢も考えたほうがベターです。
 塾や教材を選ぶときの基準としては、この考え方で、”やればできると感じられるのかどうか?”が重要なポイントなのです。

 

 もちろん、どんな形であっても、子どもに”あなたが応援していること”が伝わればそれが最も効果がある方法なのは言うまでもありません。

 

わせて読みたい記事

教育費は聖域か?

 子どもの教育にはお金がかかる・・・・・ 文部科学省の調査によると、大学卒業までにかかる費用は、全て国公立の場合 :約1,000 万円   全て私立の場合   :約2,300 万円     (子ども一人あたり)とされています。 しかし、多くのご家庭にとって教育費は”聖域”と言われ、他の出費は削れても...

≫つづきを読む

塾とか予備校とかどうしたら良いか迷った時は?

子どもの勉強のことを考えるときに、塾・予備校は行かせたほうがいいの?どの塾がいいの?学校は塾に行かなくても大学受験は大丈夫と言うけど・・こんな悩みはつきものです。人によって言うことは違いますし、もちろん子どもの特性によっても違います。いろんな”説”がありますが、いかに人に惑わされずに、”正しく選択で...

≫つづきを読む

自己肯定感が家庭の教育上最も重要な理由

自己肯定感 自己肯定感とは、「自分がやろうと思ったことが達成できる」「身の回りの世界を自分で変えられる」という感じで、自分に自信が持てる状態のことです。この自己肯定感を持った人は、多少の失敗にもめげずに、いろんなことにチャレンジしていきます。そして、失敗しても立ち直って、また新しいことにチャレンジして、創造力を...

≫つづきを読む

子どもの希望を叶える

希望  「子どもをどんなふうに育てたいですか?」という質問に対し、ものわかりのよりお父さん・お母さんはこう答えます。 「個性的な子どもになってほしい」 幼稚園、学校に入るころには、どんなことを心配されているでしょうか? 「学校になじめるかしら」 「まわりから浮いた存在にならないだろうか?」 「人並みの成績...

≫つづきを読む

最も効果的な投資とは?

 教育へのお金の使い方はいろいろありますが、塾や予備校などそれなりにお金がかかりますね。(←塾と予備校の選択) それでも、多少無理をしてでもお金を払うことになります。それは、やはり 塾や予備校へのお金=投資 は、それなりの”対価”を得ることができるからお金を払っていると考えることができます。 では、...

≫つづきを読む

学習性無力感からの脱却

ストレス解消の心理コントロール あなたは学習性無力感という言葉をご存知でしょうか?なんだか聞いただけで力が抜ける感じがしてしまいます。この”学習性無力感”とは、動物を使った次のような実験にもとづいて、心理学者のセリグマン博士がを発見したものです。【実験】1)電気ショックを与えるパネルの上に、犬を置きます。 一方(図の左側)は電気シ...

≫つづきを読む

ニガテを意識しない

失敗の積み重ねが成功  あなたのお子さんの成績だとしたら、どちらが”良い”とお感じになりますか? 算数△  体育◎  VS  算数 〇  体育〇 多くの方は、右側ではないでしょうか? ニガテ科目があることは良くない!と瞬間的に思ってしまうのではないでしょうか? 人間には、◎のプラスより△のマイナスのほうを”大きく捉える”...

≫つづきを読む

違いを尊重しないと子供は伸びない

違いを認める|エンドウ豆のイメージ スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた「7つの習慣」を読んでいると、子ども育て方にかんするヒントがありました。それは、H.リーブス博士の『動物学校』というおとぎ話が素晴らしかったので紹介させて頂きます。むかしむかし、動物たちは、「新しい世界」の様々な社会問題を解決するために、何か勇敢なことを...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる