睡眠でパフォーマンスを高め、ビジネス・子供の教育・円満家庭のすべてがうまくいくレシピ!

睡眠の大切さを忘れていませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

あなたは時間が足らなくなったときに、まず睡眠時間を削っていませんか?

 

毎日の仕事で時間の足らない分を残業でなんとかこなし、夜寝るのが遅くなる・・・
一週間の仕事で時間の足らない分を週末で補てんし、ゆっくり寝ることができない・・・

 

そんな生活を送っているあなたは、睡眠時間を軽視しています。
時間のマネジメントができずに、睡眠時間で調整していては、健康にはもちろん、仕事のパフォーマンスにも悪い影響を与えています。

 

それは、睡眠が仕事のパフォーマンスに大きな影響を与える要因は、

夜寝ている間に、あなたの脳の中にインプットされた知識や経験が、
寝ている間に組立て直されて、整理し直される。

という機能が睡眠にはあります。
つまり、睡眠は、 体をリセットするのと同時に、頭の中をリセットする 働きがあるのです。

 

昨晩、悩んでもまったく思い浮かばなかったようなグッドアイデアが、翌日の朝にふっと思い浮かぶことがあります。
前日に書いた文章を、翌朝に見直してみると、とてもひどいものだったり、自分の言葉がおかしな日本語だなと気づいたりします。

 

つまり、寝ている間に脳の中が再構築されて、論理的な思考ができるように整った、という訳です。

 

この働きを仕事でうまく使わない手はありません。

 

午前中にするべき仕事は、メールを読んだり、資料に目を通すような”インプット”する仕事ではありません。
考えを文章にまとめたり、プレゼン資料を作成したり、意見を出し合ったりといった”アウトプット”の仕事を重点的に
したほうが良いのです。
そうすれば、あなたの一日のパフォーマンスを効果的に高めることができるのです。

時間の密度を高める

人間の脳は、いつも働いています。
睡眠・休憩でアタマの中を空っぽにする時間が脳には必要なのです。

 

その大切な時間が睡眠なのです。

 

クリエイティブな仕事が中心の多くの会社では、昼寝を推奨しています。
一方、古い体質での会社で、人との会話もなく、昼寝も許されず、長時間労働を強要するような会社には、
将来の業績に期待することは難しいと言ってよいでしょう。

 

また、ただ机に向かっていれば仕事の生産性が上がるものではありません。
違うことをやることで気がつくこともあります。

 

あるクリエイティブな会社では、”思考=考えること”に専念するための部屋が用意されているのですが、その部屋には、わざと座り心地の悪い椅子がおいてあるそうです。
長時間は座っていられないので、この部屋ではウロウロと歩き回りながら考えをめぐらすようにしているそうです。
つまり、じっとしていても良い考えは浮かんでこない・・ということが常識となっているのです。。

 

人間が、良い思考をするためには、”密度”=”エネルギー”を高めることが必要なのです。

 

睡眠時間を削ると、”密度”が間違いなく薄まり、エネルギーが高まりません。

 

「限られた時間の中でデキることを選択し、密度とエネルギーを高めること」

 

これに徹すれば、あなたのパフォーマンスは必ず高まること間違いありません。

睡眠不足はあなたをネガティブにする

もう一つ、睡眠の大切さについて・・・

 

アメリカンフットボール(NFL)の名コーチとして知られているヴィンス・ロンバルディ
 「体に疲労がたまると、人はだれも臆病になる」
と言っています。

 

 休養が不足してしまうと、心がネガティブになり、イライラして自信がなくなり、困難に立ち向かう気力が湧いてきません。
 これが一日のスタートだとしたら、とても良いパフォーマンスが得られることは期待できません。

 

 一方、睡眠が十分で疲労から回復していれば、自分にポジティブな言葉を口にしたり、朝からポジティブな本を読んだり、成功するイメージを持つことが可能です。

 

 睡眠不足でネガティブな状態で毎日を過ごしていては、あなたが目標を達成するために必要な人や環境、アイデア、チャンスを引き寄せてくることは不可能です(←磁石の法則)。

 

 睡眠と休息は、ポジティブマインドを創るエネルギーになるのです。

 

 

わせて読みたい記事

自分の健康は自分だけのものではないと言う事実を知ってほしい。

老いた自分のイメージ  自分の健康について関心の無い人なんていないのではないでしょうか? 毎年受診する健康診断の検査結果については、とても関心があり、検査結果から内臓の状態や血液の状態について、 正常かどうか?異常はないか?と気にされている人は非常に多いです。 にも関わらず・・・ 普段何一つ健康に良い行動はしない。  「...

≫つづきを読む

禁煙に何度も失敗している人の禁煙できない理由とは?

 あなたは喫煙者ですか? 今までに一回くらいは「禁煙しよう!」と決意した、あるいは「禁煙したいな・・」と考えたことがあるのではないでしょうか? 「わかっているのにやめられない・・・・」これは、人間なら誰でもが持っている性質です。なぜ、健康に害があることが明確になっている、そして誰もが知っているにも関...

≫つづきを読む

老けたね!と言われないお父さんのためのアンチエイジング

アンチエイジングの要素イメージ 3つの年齢 人間には3つの年齢があります。 肉体年齢 精神年齢 実年齢 このうち、実年齢だけはどうしようもありません。 しかし、肉体年齢と精神年齢については、人によって、実年齢とのギャップが人によって大きく違ってきます。 実年齢を聞いてみたら、想像以上に若いことにびっくりしてしまうような人もいます。...

≫つづきを読む

姿勢を正して気持ちの健康を保つ

東京タワー 街を歩いている人の歩き方をみて、あなたはどんな印象を受けるでしょうか? 大またで胸を張って堂々と歩いている人 背中を丸めてトボトボ歩いている人 ポケットに手を突っ込んでコソコソ歩いている人 はや足でせかせか歩いている人 歩き方に適当な修飾語を付けてしまいましたが、不思議なことに、当てはまる言葉って自...

≫つづきを読む

対人魅力をUPする

第一印象の重要性  男は外見より中身で勝負! あなたはきっとそう思われているのではないでしょうか?外見の若干のハンディを感じつつも、最後は”中身”で決まると・・ 私もそのご意見に賛成です。 しかし、一方で、「イケメンは得だよなぁ」と思われたこともあるのではないでしょうか? イケメンが損か得かというと”得”です。   ...

≫つづきを読む

本当の健康になるために必要なたった一つのこと

健康は測るだけでは得られない あなたの健康に対する考え方は間違っているかもしれません。 健康ってどういう状態ですか? と聞かれると、多くの人は、 「検査で異常がないこと」  と考えていないでしょうか? 辞書を引いても 「からだに悪いところがなく、丈夫なこと」 「異状があるかないかという面からみた、からだの状態」 といったような記...

≫つづきを読む

新鮮な水と酸素を入れて毒物を入れない

新鮮な水H2O あなたは、 「健康に気を使っている」と自負されていても、実はかなりの”毒物”を体に入れている可能性があります。(摂らなくてよいものをわざわざ取り入れているのです・・・) 毒になる最大のものは、タバコです。 タバコは、ニコチン、タールをはじめとして数百の毒物を含んでいると言われています。もちろん、その...

≫つづきを読む

老化を防ぐ3+1の習慣

老化を防ぐには脳をフレッシュにしておくことがポイント あなたは、実際の年齢よりも若く見られますか?それとも老けて見られますか?40歳前後を過ぎてくると、年齢のわりに若々しく見える人と、年齢よりも老けて見える人との差が大きくなってきます。同窓会などでそのように実感したことはないでしょうか?人の老化の仕方には、環境や習慣など、さまざまな要因があり、もちろん...

≫つづきを読む

睡眠でパフォーマンスを高める

睡眠で脳と体を休ませる あなたは時間が足らなくなったときに、まず睡眠時間を削っていませんか?毎日の仕事で時間の足らない分を残業でなんとかこなし、夜寝るのが遅くなる・・・一週間の仕事で時間の足らない分を週末で補てんし、ゆっくり寝ることができない・・・そんな生活を送っているあなたは、睡眠時間を軽視しています。時間のマネジメント...

≫つづきを読む

健康な人・不健康な人の違い−主観的健康観のススメ−

主観的健康 「あなたは健康ですか?」つぎの4つから回答してください。「非常に健康だと思う」「まあ健康だと思う」「あまり健康ではない」「健康ではない」いかがですか?この質問の回答は、自分のことを自分でどう思っているか?(=主観)だけで答えた結果です。これを”主観的健康観”と言います。自分で自分のことを健康と思って...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる