禁煙できない人は中毒などではありません。単純に心理的な問題です。喫煙の心理を自覚して、ココロの持ち方を見直します。

あなたはなぜ禁煙できないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 あなたは喫煙者ですか?
 今までに一回くらいは「禁煙しよう!」と決意した、あるいは「禁煙したいな・・」と
考えたことがあるのではないでしょうか?

 

 「わかっているのにやめられない・・・・」

 

これは、人間なら誰でもが持っている性質です。

 

なぜ、健康に害があることが明確になっている、そして誰もが知っているにも関わらずに
タバコがやめられないのでしょうか?

 

 「タバコがやめられない」と考えている人は、「自分はニコチン中毒だから・・・」と考えているかもしれません。

 

 でも、日本の喫煙者のうち、中毒となっている人は実はごく少数です。

 

 タバコがやめられない原因は、”身体的な問題”ではなく、そのほとんどは
 ”心理的な問題”
だったのです。

 

 このことをキチンと理解することは、あなたの禁煙の第一歩となります。

禁煙できない心理|認知的不協和理論

 まず、人間の持っている心理の働きを考えましょう。
 基本的な性質として、
  心の中にある矛盾常態を解消しようとする
働きがあります。

 

 心理学の専門用語で、フェスティンガーの「認知的不協和理論」という理論です。 
 この「認知的不協和理論」は、心の中に生じた矛盾を解消しようとする心理作用のことです。

 

 次の図を見てください。
認知的不協和

 

 タバコが健康を害することは、世の中に広く認知されている”常識”で、誰もが知っている”事実”です。
 なのに、「自分がタバコを吸っている」というのも”事実”です。

 

 つまり、喫煙者はこの”矛盾”を抱えています。
 ”わかっちゃいるけど・・・”の状態で、これは”とても気持ちが悪い状態”です。

 

 このような場合に、”矛盾を解消しよう”という心理が働き、そのパターンは次の3つです。

 

 @自分の行動を変える
    タバコをやめる、もしくは減らす
 A自分の意見を変える
    「タバコとがんとはそれほど因果関係はないはず」と考える
 B新しい認知要素を加える
    「たばこを吸っていても長生きの人はいる」
    「たばこよりも交通事故の方が死亡確率は高い」 と考える

 

@は、直接行動を変えてしまうので、根本的な解決になります。

 

でも、A、Bは自分を正当化するために(というよりは誤魔化して)、別の理由をもってきます。
 「喫煙によりリラックスできてストレス解消に役立つ」、「手持無沙汰を解消する」
といったメリットを探すのです。

 

 これで、あなたが”タバコを吸ってもOK”な理由を見つけて矛盾が解消できて、精神的にも安定できるのです。
 (もちろん、健康に悪いという客観的事実は変わることはありません)

 

 喫煙者のほとんどは、このような”心理で”タバコを吸っているのです。
 どちらの方法を選択するかはその人の考え方なのですが、自分自身の思考を分析してみるのも一つの方法です。

 

 「子供ができたのをキッカケに禁煙した」
という話をきくことがあります。
 これは子供ができたことで
思考が真逆の方向にシフトした
のです。
 人間の心理は、簡単にシフトできるものなんです。

 

 要は、禁煙できない原因は、単純にココロの問題に過ぎないのです。

 

 それはつまり、中毒症状といったものではないため、病院にかかったりする必要もありません。

 

 ”思考”を変えればすぐにでも禁煙できるということなのです。

 

 いかがでしたか?なんだか禁煙できそうな気がしてきませんんか?

 

わせて読みたい記事

自分の健康は自分だけのものではないと言う事実を知ってほしい。

老いた自分のイメージ  自分の健康について関心の無い人なんていないのではないでしょうか? 毎年受診する健康診断の検査結果については、とても関心があり、検査結果から内臓の状態や血液の状態について、 正常かどうか?異常はないか?と気にされている人は非常に多いです。 にも関わらず・・・ 普段何一つ健康に良い行動はしない。  「...

≫つづきを読む

禁煙に何度も失敗している人の禁煙できない理由とは?

 あなたは喫煙者ですか? 今までに一回くらいは「禁煙しよう!」と決意した、あるいは「禁煙したいな・・」と考えたことがあるのではないでしょうか? 「わかっているのにやめられない・・・・」これは、人間なら誰でもが持っている性質です。なぜ、健康に害があることが明確になっている、そして誰もが知っているにも関...

≫つづきを読む

老けたね!と言われないお父さんのためのアンチエイジング

アンチエイジングの要素イメージ 3つの年齢 人間には3つの年齢があります。 肉体年齢 精神年齢 実年齢 このうち、実年齢だけはどうしようもありません。 しかし、肉体年齢と精神年齢については、人によって、実年齢とのギャップが人によって大きく違ってきます。 実年齢を聞いてみたら、想像以上に若いことにびっくりしてしまうような人もいます。...

≫つづきを読む

姿勢を正して気持ちの健康を保つ

東京タワー 街を歩いている人の歩き方をみて、あなたはどんな印象を受けるでしょうか? 大またで胸を張って堂々と歩いている人 背中を丸めてトボトボ歩いている人 ポケットに手を突っ込んでコソコソ歩いている人 はや足でせかせか歩いている人 歩き方に適当な修飾語を付けてしまいましたが、不思議なことに、当てはまる言葉って自...

≫つづきを読む

対人魅力をUPする

第一印象の重要性  男は外見より中身で勝負! あなたはきっとそう思われているのではないでしょうか?外見の若干のハンディを感じつつも、最後は”中身”で決まると・・ 私もそのご意見に賛成です。 しかし、一方で、「イケメンは得だよなぁ」と思われたこともあるのではないでしょうか? イケメンが損か得かというと”得”です。   ...

≫つづきを読む

本当の健康になるために必要なたった一つのこと

健康は測るだけでは得られない あなたの健康に対する考え方は間違っているかもしれません。 健康ってどういう状態ですか? と聞かれると、多くの人は、 「検査で異常がないこと」  と考えていないでしょうか? 辞書を引いても 「からだに悪いところがなく、丈夫なこと」 「異状があるかないかという面からみた、からだの状態」 といったような記...

≫つづきを読む

新鮮な水と酸素を入れて毒物を入れない

新鮮な水H2O あなたは、 「健康に気を使っている」と自負されていても、実はかなりの”毒物”を体に入れている可能性があります。(摂らなくてよいものをわざわざ取り入れているのです・・・) 毒になる最大のものは、タバコです。 タバコは、ニコチン、タールをはじめとして数百の毒物を含んでいると言われています。もちろん、その...

≫つづきを読む

老化を防ぐ3+1の習慣

老化を防ぐには脳をフレッシュにしておくことがポイント あなたは、実際の年齢よりも若く見られますか?それとも老けて見られますか?40歳前後を過ぎてくると、年齢のわりに若々しく見える人と、年齢よりも老けて見える人との差が大きくなってきます。同窓会などでそのように実感したことはないでしょうか?人の老化の仕方には、環境や習慣など、さまざまな要因があり、もちろん...

≫つづきを読む

睡眠でパフォーマンスを高める

睡眠で脳と体を休ませる あなたは時間が足らなくなったときに、まず睡眠時間を削っていませんか?毎日の仕事で時間の足らない分を残業でなんとかこなし、夜寝るのが遅くなる・・・一週間の仕事で時間の足らない分を週末で補てんし、ゆっくり寝ることができない・・・そんな生活を送っているあなたは、睡眠時間を軽視しています。時間のマネジメント...

≫つづきを読む

健康な人・不健康な人の違い−主観的健康観のススメ−

主観的健康 「あなたは健康ですか?」つぎの4つから回答してください。「非常に健康だと思う」「まあ健康だと思う」「あまり健康ではない」「健康ではない」いかがですか?この質問の回答は、自分のことを自分でどう思っているか?(=主観)だけで答えた結果です。これを”主観的健康観”と言います。自分で自分のことを健康と思って...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる