夫婦円満の秘訣は、距離感を大きめに取って、あまり仲良くしないことです。

夫婦は他人であるという事実を認識する

このエントリーをはてなブックマークに追加   

夫婦関係は、一部を除いて
”男性と女性の関係”
です。
しかも、もともとは、”まったくの他人”です。

 

このことを、当たりまえですがよく認識していないと夫婦関係は円満にいきません。
そして、夫婦関係はとても難しい人間関係なのです(←最も難しい関係は夫婦関係!?)

 

時々、相手のことを
”自分のすべてをわかってくれている人・受け入れてくれる人”
のように考えてしまう人がいますが、結婚で失敗する人の典型です。

 

そもそも、相手とは動物的に異なっています。

 

快適に感じる温度が違うので、冷房を効かせたようとしたら、奥さんが冷え性になってケンカになる・・・。
とか、
夫のいびきや歯ぎしりのせいで睡眠不足になる・・・。
といったような、生理的なことが原因で、よけいないざこざが絶えなかったりします。
人それぞれ必要な睡眠時間も違いますし、生活のリズムやペースが違うのは、ある意味自然なことです。

 

また、決定的に違うのは、”行動のパターン”です。

 

ある心理学者によると、
「女性はヒマだと幸せに感じる」
のだそうです。
お茶でも飲みながら、たわいのない何の脈略もないおしゃべりを延々と続けられるのです。

 

でも、男性は
「忙しいと幸せを感じる」
のだそうです。
”忙しい忙しい”と言いながら嬉しそうにしている・・・それはたいてい男性です。
そして、男性は、充実感を得るために、”目的・目標”に向かって行動する修正があります。

 

なので、リストラのやり方として、追い出し部屋で何もさせないというのがあります。
この方法は、やたらに忙しい状態になるよりも逆にとても強いストレスを与える、残酷な方法なのです。

 

また、買い物に付き合うのも考え物です。
男性は買う目的がないと買い物には行けません。
買うかどうかもわからない服を、いつまでもウィンドウショッピングしている女性が理解できません。
しまいには、いい加減もう帰ろうと言って不機嫌になり、お互いに気まずい思いをするだけです。
だったら最初から一緒に行かないほうがマシということになるのです。。

 

このように、人間・男女にはそれぞれ独立した時間、それぞれにとって個人的に大切な空間を持つことが必要なのです。
なのに、無理して一緒にいろんなことをやろうとすると、そこに衝突が生じてしまうのです。

年齢が上がると結婚しにくくなるのは当然

さらに年齢を重ねていくと、だんだんと自分の生活様式を変えにくくなります。
自分のやり方が染みついていきます。

 

”今までどおりが一番”

 

だれも自分の慣れたやり方を変えたくはありません。
なので、現代のように若いうちに結婚しない人が増えると、ますます結婚しない人が増えてしまうのです。

 

これが、夫婦の場合にはある程度相手に合わせなければ仕方ありませんが、
”根本的な違い”
は変わりません。

 

男性が定年後に夫婦2人きりの生活をうまくできないというのがよくあるパターンです。

 

定年後は、やることを自分でどんどん見つけていかないと、お互いにストレスを抱えた生活を送ることになりかねません。
自分が出かける時に奥さんについてくるように要求したり、奥さんの楽しいお出かけにむやみについて行ったりする人がいるそうです。
今まで仕事ばかりだった人が、急に2人の生活を楽しもうとしても上手くいくはずがありません。
(奥さんはむしろ迷惑と考えるのは当然です)

 

そもそも、行動パターンが違う2人が同じ時間を過ごすには、それぞれが独立して行動しないとうまくいかないのです。

夫婦関係は”そこそこ”で十分

以上のことを考えると、
夫婦は、それぞれ別の趣味や仕事で忙しくしておいて、一日に一回くらいお互いのことを気楽に話し合うくらいでちょうど良いのです。
会話の際にはコツも要りますよ。(←夫婦仲を良くする会話術)

 

そもそも、考え方も行動パターンも違う訳ですから、

 

考え方にギャップがあることは当然
2人に距離感があるのは当然

 

と割り切って考えておかないとお互いに疲れてしまいます。

 

もちろん、いつも一緒に手をつないだ仲良し夫婦が、”自然に”できるのであれば何の問題もありません。
でも、誰もが必ずそうとは限りません。

 

そこそこ仲の良い関係

 

であれば”良し”とするのが大切です。

 

ヘンに力んで、「仲良くしていなくてはダメだ」
などと考えないことです。

 

「お互いに気が楽に過ごせるかどうか?」

 

を重視した方が良いのです。

 

もっと気楽に距離感を取ってみましょう。
そうすることで、今までに気づかなかった相手の良いところを見つけたりするかもしれません。

 

わせて読みたい記事

幸せのサイクル

幸せサイクル   あんたはどんな時が幸せですか? と聞かれたとき、どう答えるでしょうか?   「美味しいものを食べたとき」 「お風呂に入ったとき」 「寝ているとき」 「欲しいものを手に入れたとき」といったことがすぐに思い浮かぶでしょうか。 もう少しじっくりと考えてみるとどうでしょうか?  「子どもと過ごしていると...

≫つづきを読む

望まれていることをする

望まれていること_HOPE  お父さんが本当に家族から望まれていることはなんでしょうか? あるいは、人は他者にどんなことをされたらうれしいのでしょうか? ひとことで言うと、  「相手の欲求を満たすようにする」ということになります。 まず、生理的欲求と安全欲求は比較的低レベルの欲求であり、ふつうの家庭生活のなかでは、「衣食住」が...

≫つづきを読む

性格は変えられるモノ|アドラー心理学から学ぶ

Change  どれが本当の自分の性格なんだろう? 自分のことなのに、なんかよくわからない・・・・ 「あなたはどんな性格ですか?」と聞かれても 一言では言い表わせないですよね。 ”三つ子の魂百まで”ということわざもあり、子どものころの経験や環境で性格は作られていくもの と思われているかもしれませんが、実は、心理学...

≫つづきを読む

”家族”という人間関係

自分を好きになって  子どもの性格は10歳くらいまでの間に完成すると言われています。 それは、”家庭”という社会の中で、子ども自身が親の愛情や注目を得るために、どのように振る舞うことが自分にとって最も良い方法なのかをつかむ時期と言われています。 例えば、親の愛情を受けるためには、 弱虫で泣き虫な子どもをアピールしたり、...

≫つづきを読む

離婚する可能性を知りたい人がチェックするべきこと

カップルのイメージ あなたが離婚する可能性は?そんなことを知りたい人はあまりいないかも知れませんね。でも、どんな夫婦が離婚しやすいか?を知っておくことは、夫婦生活を円満にするためには必要なことではないでしょうか?ある研究者によると、ある夫婦が離婚するかどうか?これを90%の確率で見分けることは可能なのだそうです。その方...

≫つづきを読む

家族が幸せになる3つの条件

幸せな家族のイメージ 家族が幸せを実感するためには、”3つの条件”があります。まず、その前にお断りしておかなければならないことがあります。それは、  条件の中に、経済的、物質的な条件は含まれていないということです。 大きな家に住んで、衣食住が十分に満たされているかどうか? という条件は、確かに幸福感をUPすることにはしま...

≫つづきを読む

自己防衛本能のストレスから解放され家庭を円満にする方法

自己防衛と人間関係 人間には、「自己防衛本能」があります。そうです、生まれながらにして、”自分のことを守ろう!!”とする本能です。なんだかんだ言って、自分がダメになってしまってはどうしようもありませんから、動物として当然ですね。もちろん、普段の生活で「食うか食われるか?」みたいな場面はありませんが、ほかの誰かが、 ・あ...

≫つづきを読む

悩みを相談された時やってはイケナイ5つのこと

家族の相談に乗るときにやってはイケナイこと イメージしてみてください。あなたが「自分の悩みを相談したい!」と思う人というのはどんな人でしょうか?その人は、周りから好かれる人ではないですか?そういう人は、ほぼ間違いなく人の相談にのってあげるのが上手な人と言えるのではないでしょうか。反対に、誰もが相談したくない人は、周りから嫌われている人の可能性...

≫つづきを読む

自分が不幸だと考えてしまう人に最も効く対処法

自分を不幸だと考える人 もしかすると、あなたは「自分は不幸だ!」と考えていませんか?または、「少なくともそれほど幸せではない」と考えていたりしないでしょうか?もしそうだとしたら、少し考えを整理したほうがよいでしょう。自分に問いかけてみてください。「なぜ、そのような気持ちを持ったのでしょう・・・?」素直に考えてみましょう。少...

≫つづきを読む

夫婦円満の秘訣は”距離感を大きめにとること”だった

夫婦の距離感 夫婦関係は、一部を除いて”男性と女性の関係”です。しかも、もともとは、”まったくの他人”です。このことを、当たりまえですがよく認識していないと夫婦関係は円満にいきません。そして、夫婦関係はとても難しい人間関係なのです(←最も難しい関係は夫婦関係!?)。時々、相手のことを”自分のすべてをわかってくれて...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる