な現役の今から定年後の自分をイメージした働き方を身につけましょう。

働きながら定年後をイメージしてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加   

仕事がデキる人ほど、”定年後の自分”をイメージしておく必要があるかもしれません。

 

というのは、定年後うつになりやすい人の典型として、
 自分が輝いていた過去に執着している
という特徴があるからです。

 

仕事がデキると言っても、少なからず会社の看板や肩書きという”鎧(よろい)”を身につけています。
それが、退職と同時に、その鎧を脱ぐことになり、それまでのアイデンティティ、自己肯定感を失ってしまうことになります。
そうなると、現在の自分を否定していることにつながり、鬱になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

 「過去の武勇伝」を語る人ほど、みじめな人はいません。
過去に自分が輝いていたときに執着しすぎるということは、今現在の自分とその自尊心を否定することになってしまうのです。

 

鬱になってしまうと、熟年離婚ということにもなりかねません(心当たりのある人はこちらを参照→熟年離婚を回避する唯一の夫婦の幸福度アップ法

 

仕事はもちろん大切ですが、ときには
 仕事をしていない自分
を想像し、そのときの人間関係、何を過ごしているか
をを考えてみることも必要です。
 あなたが、身一つとなったときをイメージしてみましょう。
 今の仕事や会社のことを持ち出さずに、あなた自身のパーソナリティを説明することができるでしょうか?

 

そして、今のうちに心がけておくもう一つ大切なことは、
 知能を高める働き方をすること
です。

歳を取っても高まる知能がある!

”歳をとったら、物覚えが悪くなって知能が低下する”
あなたはそう思い込んでいませんか?
実は、歳をとっても高まる知能があるのです。

 

知能には2種類あり、その足し算が全体の知能です。

 

 @流動性知能 + A結晶性知能 = 全体の知能

 

 @流動性知能は、新しいことを一から覚えるような能力です。
 例えば、お年寄りがパソコンやスマホをいきなり操作できないように、歳とともに低下してしまう能力です。

 

 A結晶性知能は、長年培われた経験や知識に裏打ちされた能力です。
 匠、名人のように経験を蓄積していくことにより、年齢を重ねるほど伸びる能力です。

 

 おススメの働き方は、
 @流動性知能はそこそこに鍛えながら、A結晶性知能をいかに高める
というのがよさそうです。

 

 新しいことばかりに目を向けずに、コツコツと積み上げることをやっていくことで、年齢とともにあなたの知能を発達させることができるのです。

 

わせて読みたい記事

ワークライフバランスの勘違いをやめて本当の人生バランスをとる

2つのバランス 「あなたはワークライフバランス取れていますか?」 ワークライフバランスという言葉が本当によく聞かれるようになりました。 ワークライフバランスとは、一言でいうと、仕事と生活の調和です。 日本では、この数年のうちに、国として大推薦している政策となっています。 国のHPを見ると、次のように定義されています...

≫つづきを読む

怒りをコントロールしてストレスを減らそう

stress あなたにストレスをもたらしているもの その正体は何でしょうか? 仏教の世界では、人間には、誰にでも  心の迷い=「煩悩(ぼんのう)」 があるとされています。 人間は、本当にさまざまな”迷い”を抱えており、108個もの煩悩があるとされています。 このなかでも、最も人の心を毒す代表的な煩悩が3つあるとさ...

≫つづきを読む

”カイシャ”に依存しない

comapny  会社はだれのものでしょうか? 株主、従業員、役員、その他 会社は”しくみ”です。 会社員は、みんなで同じ船に乗っていることに例えられます。  株主・・・船のオーナー  役員・・・船の指揮官  従業員・・・船乗り もし、あなたが従業員であるとしたら、  間違っても”お客さん”であってはいけません。 ...

≫つづきを読む

本当の自己啓発|自己啓発の罠にハマらない

success  本屋に行くと、自己啓発に関係する書籍は必ずベストセラーの上位にランクインされています。 このサイトをご覧いただいている方にも、自己啓発書を何冊となく読まれた方は多いのではないでしょうか? では、なぜこれほど自己啓発本が売れるのでしょうか? 自己啓発本の内容は、だいたい次のどれかの部類に入ります。 ...

≫つづきを読む

人生のサイクル|発達段階説でオジサンも成長する

発達段階説  中年と聞くと、あなたはどのようなイメージ(印象)をお持ちになりますか? 心理学者のユングによれば、中年期は「人生の正午」と言われ、ちょうど”人生の折り返し地点”としてとらえられています。 そして最近では、”中年期クライシス”という言葉が聞かれるようになりました。 中年は、次のようなさまざまな危機に...

≫つづきを読む

会社の人間関係を良くする3つの方法

人間関係 あなたがもし、 「今日は会社に行きたくないなぁ・・」と考えるとき、何を思い浮かべているでしょうか?”仕事が辛くてイヤ!”というよりは、”厳しい上司が怒っている顔”を思い浮かべていたりするのではないですか?「うまくいかなかったら、怒られてしまう・・・」 「失敗したら、同僚に笑われる・・・」 「あまり積...

≫つづきを読む

余計な仕事を断って仕事がデキる人になる

断る あなたは、同僚や上司からたくさん仕事を頼まれますか?仕事をたくさん引き受けてしまう人は、仕事がデキる人です。もし、あなたが仕事がデキる人であれば、いろんな人からたくさんの仕事を頼まれているはずです。仕事を頼みたい人は、「急ぎ、重要であればあるほど、仕事がデキる人に頼むのが、一番手っ取り早い」と考える...

≫つづきを読む

一生懸命頑張ってもなぜか報われない理由

人間は歯車になってはいけない 業績が悪化した大手企業がリストラで人員削減!ニュースにはなりますが、それほど珍しくない時代になりました。「毎日朝から夜遅くまで一生懸命頑張っているのだから、自分は大丈夫・・」実は・・・そんな考えを持ったあなたが最も危険です!では、なぜ、”真面目に頑張っているあなた”がリストラ対象になってしまうのでし...

≫つづきを読む

完璧を目指す人ほど残念な理由

完璧な状態 あなたは、なんでも完璧にこなそうとしていませんか?あんたの職場にいませんか?なんでも完璧にこなす(こなそうとする)人その人は幸せそうな人でしょうか?実はその人は、幸せな人ではありません。どちらかというと”残念な人”です。なぜ残念かというと、次のような特徴があるからです。○自分が完璧と思っているので、...

≫つづきを読む

定年後の自分ことまで考えてみる

Craftsman職人 仕事がデキる人ほど、”定年後の自分”をイメージしておく必要があるかもしれません。というのは、定年後うつになりやすい人の典型として、 自分が輝いていた過去に執着しているという特徴があるからです。仕事がデキると言っても、少なからず会社の看板や肩書きという”鎧(よろい)”を身につけています。それが、退職と...

≫つづきを読む

人を重視しない会社はやめた方が良い理由

corpolate協力 人間は、本能的に会社が好きな動物なようです。さっそく、その理由をご説明しましょう。人間は、(今もそうですが)哺乳類のなかでも比較的弱く、生きていく能力のが本来低い動物です。体も大きくなく、足が速いわけでもなく、牙や角があるわけでもありません。鳥のように飛ぶこともできませんし、泳ぎもできません。また、...

≫つづきを読む

レジリエントな働き方を身につけて、ラクに生きる考え方

レジリエントな働き方 「真面目に一生懸命仕事しているのに報われない・・・」ふとく、そんな虚しさに襲われるときはありませんか?そんな時は、精神的に疲れて、心が折れかかっている注意信号です。そういう時こそ、冷静になってココロの持ち方を整理してみることが大切です。まず、次の質問を考えてみてください。「あなたのその頑張りは、本当...

≫つづきを読む

成果主義で頑張っても報われない根本的な原因

脳の機能 みなさんの職場では、成果主義が大流行りです。目標を立ててそれに向かってコツコツ地道に頑張ろう!!成果を出せれば評価UP! 成果に達しなければ評価DOWN!だいたいこんな感じではないでしょうか?ところが、実感としてこのような評価がうまくいっているとは誰も感じてなくて、ギモンに思っているのではないのでし...

≫つづきを読む

デキない上司を持ったあなたは不幸なのか?

BOSS 無能な上司についたおかげで、仕事が全然うまくいかない・・・上司は自分で選べないし、このままではどうしようもないな・・・デキない上司についたあなたは苦労して大変ですね。でも、これってよく聞くどこにでもある話だと思いませんか?地位が上がるほど無能な人が多い・・・。これは”ある種の事実”ではないかと思われ...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる