ニガテ科目は、脳の仕組みを使ってカンタンに克服できるのです。

ニガテ科目が頭に入らない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加   

人間だれしもニガテなことがあります。
子どものころの勉強で、
 一度ニガテになってしまうとなかなか克服できない
ということは、どなたにも経験があるのではないでしょうか?

 

大人になってからも、それはあまり変わりません。
ニガテだな・・・、嫌いだな・・・
と思う仕事は、なるべく避けて通ろうとしますし、たとえやったとしても、全然楽しくありませんし、仕事が身につきません。

 

これは、人間が持っている脳のしくみのせいなのです。

 

人間の脳は、
 「面白くないこと」
 「楽しくないこと」
 「好きじゃないこと」
が入ってくると、
 「嫌い」というネガティブな情報
として、整理してしまうので、その後の、
「思考する」、「理解する」とか、「記憶する」
とった働きをしなくなってしまうのです。

脳のしくみを理解する

脳神経外科医の林成之先生による著書、「脳に悪い7つの習慣」

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

新品価格
¥799から
(2016/8/23 22:25時点)


によると、
脳は考える前に、情報に「気持ち・感情」のレッテルを貼る機能
があるというのです。

 

目から入った視覚情報は、まず、
 「好き」・「嫌い」
のどちらかに振り分けられます。意外に単純な仕組みなんですね。
脳の仕組みからみた記憶力

 

 

「好き」のレッテルが貼られたものは、思考、理解されて、その人の記憶や信念といった深いところに蓄積されやすくなります。
しかし、
「嫌い」のレッテルが貼られてしまうと、
「自分にとってマイナス」
と脳が判断してしまうので、それ以上、思考・理解が進みません。当然、「記憶にも残らない」ということになってしまうのです。

小さな成功と楽しさを感じるとニガテは克服できる

このような脳の仕組みを知ると、実は、ニガテ科目というのは、もっと単純に考えることができます。

 

本当にできない
のではなく、
ただ単に嫌いなだけ
という見方もできるのです。

 

ニガテ科目の理解力、思考力を高めようとしたら、まず、
”感情をプラスにすることが重要”
という訳です。

 

その科目を教える先生を好きになるとか、好きな子がその科目を教えてくれるとか、
そんな些細なことでも構わないのです。

 

まずは、カンタンな所から入って、ほんの少しでも”楽しさ”を感じることさえできれば、そのニガテ科目の克服への第一歩となるのです。

 

いかがでしたか?
子どもの勉強だけでなく、大人でも入り口で嫌いと思ってしまって楽しさを味わえていないことも沢山あるのかも知れません。
「嫌い」というネガティブな感情は、いろんなものをブロックしている可能性があります。
脳の仕組みを理解して、「好き」というプラスの感情でブロックを取り払うようにたいものですね。

 

わせて読みたい記事

受験勉強のポイント

 お子さんの進路は、お父さんにとって大きな悩みの一つではないでしょうか?社会の現状や将来の不安など、普段の生活で実感しているご自身の経験をふまえて、とても心配になってしまうのではないでしょうか? そして、その一つ一つのステップである大学受験・高校受験・中学受験は、家族にとって一大事!ということになっ...

≫つづきを読む

勉強の習慣

子どもの想像力は原動力 「子供にとって勉強を習慣化することができたらどんなにいいだろう・・」そう思われたことがあるのでないでしょうか?そのためには、次の3つをバランスよく子供に自覚させていくことが大切です。1 目的(なぜ勉強するのか?)なにごとも「目的を明確にしてやること!」と子供のころからよく言われてきていることだと思い...

≫つづきを読む

「為せば成る」マインドを持った子どもに育てる方法

子どもの想像力は原動力 「為せば成る」あなたのお子さんを励ますときに使っていませんか?とにかくやればできる!と勘違い(?)でもしてくれて、努力してくれたら、親としては嬉しいですもんね。とても使い古された言葉ですが、その本当の意味を考えてみたいと思います。 私たち人間の意識には、 「顕在意識」 と 「潜在意識」 があります。...

≫つづきを読む

偏差値の呪縛

平均点の意味 以前、子どもが学校の定期テストの前の1週間くらいから毎晩遅くまで勉強していたのを見て、質問したことがありました。  「なんでもっと早く勉強しとかんかった?」  「なんかやる気が出なくて、直前まで放ってた・・・。 で、テスト中にもっと勉強しとけばよかったって思うんだよね」  「いい点とり...

≫つづきを読む

モチベーションUP術

UP 「勉強しなさい!」と言ってもなかなか机に向かわずにイライラ・・ なんてことは多いでしょうか? 押したらスラスラ勉強を始める・・・なんてスイッチがあれば・・と考えたりしたことはありませんか? 人間のやる気スイッチ(モチベーション)は3種類あると言われています。説明例生理的動機づけ生理的な欲求による動機...

≫つづきを読む

勉強と努力を継続するために本当に大切なこと

継続 なぜ目標が長続きしないのか?あなたは子どもの勉強が継続しない理由をきちんと理解していますか?正しく理解していないと、ただ「勉強しなさい」と言っても言うこを聞いてくれないと嘆くばかりです。まず何よりも大切なこと=それはスタートです。スタートには、”目標を立てること”が必ず必要です。これは、勉強だろうと...

≫つづきを読む

前向きに勉強する子どもにする方法

教えてはイケナイ 子どもの教育に熱心な親ほど、子どもの勉強に口出ししたくなります。でも、それはやめてください。 ほとんど効果がありません。というより逆効果ですなぜ効果が無いのでしょうか?大人が子どもに勉強を教えようとすると、最初に”できないところ”に目が行ってしまいます。それはつまり、”問題点をみつけよう、できない原...

≫つづきを読む

ニガテ科目を克服できるたった一つの方法

色鉛筆 人間だれしもニガテなことがあります。子どものころの勉強で、 一度ニガテになってしまうとなかなか克服できないということは、どなたにも経験があるのではないでしょうか?大人になってからも、それはあまり変わりません。ニガテだな・・・、嫌いだな・・・と思う仕事は、なるべく避けて通ろうとしますし、たとえやったと...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる