継続は力なり、努力を継続させる方法は?

努力を継続するココロ

なぜ目標が長続きしないのか?

 

やはり、なにごともまず目標を立てること
これは、勉強であっても仕事であっても
一番大切なことです。

 

目標を立てたら、それに向かって行動(勉強)する

 

という図式なのですが、うまくいかない、挫折する、三日坊主なんてよくある話です。

 

なぜ、長続きしないのでしょうか?

 

立てた目標に対して、具体的に行動する意欲がわくことが重要なのですが、
そのためには次の3つの要素が必要となります。

 

 A.動機・・・やる気を起こさせる気持ち
 B.期待・・・できそうだと思う気持ち
 C.価値・・・自分が見出すやりがい

 

この3つは”かけ算”なので、どれかひとつがゼロになった瞬間に目標に
対して行動できなくなってしまします。
 子供の学習でいえば 
  なぜ勉強するのかを明確にし(動機)、勉強の成果が少しずつでも現れて合格に近づきそうだと実感し(期待)、合格することが自分の希望であると確認できること(価値)が必要なのです。

 

 そしてもうひとつ大切なことは 自己効力感 です。
 カナダの心理学者バンデューラによって提唱された概念で、簡単に言うと

 

 「自分ができる、やれそう」といったイメージを持てるか?

 

 ということです。

 

人が何か行動を起こそうとするときは、その行動を自分が「できそうか?」を考えます。
そこで、「できそう」であれば行動を起こしますが、「できなそうもない・・」であればなかなか行動には移れません。
つまり、同じ事柄に対しても、
  自己効力感が高い人は「できそうだからやろう」と行動に移ることができるが、
  自己効力感の低い人は「できそうにない」と思ってやる気も出ず、なかなか行動に移ることができない
という傾向があるわけです。

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる