帰宅困難になる夫の心理を理解して夫婦関係を見直す

夫の帰宅困難症とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

働き方改革も浸透してきました。
ひと昔前よりも、
 残業無しでまっすぐ早めに帰宅すること
が世の中的に認められるようになってきたのではないでしょうか?

 

ところが、せっかく早く退社しても「まっすぐ家に帰りたくないな・・・」と感じたことはありますか?

 

もし、あなたがそんな気持ちになったことがあるとすれば、それは
「帰宅困難症」
かもしれません。
「帰宅困難症」は、実際に増えているようで、 仕事が早く終わってもまっすぐ家に帰らない人たちが増えているのです。
人呼んで、ついた名前が
“フラリーマン”

 

書店や、家電量販店、ゲームセンター、立ち飲み屋…・・。

 

「自分の時間が欲しい」
「仕事のストレスを解消したい」

 

それぞれの思いを抱えながら、夜の街をふらふらと漂う男性が増えているようなのです。

 

きっといろんな事情があるのでしょう。
帰宅困難症には、2つのパターンがあるようです。

 

一つは、ワーカホリックです。
仕事をバリバリこなして、家には寝に帰るだけといったワーカホリック的な人です。
いて、むしろ残業を武勇伝のように自慢げに話しているのです。

 

もう一つは、奥さんとの関係です。

妻が不機嫌だったり会話がまったくないような息苦しい家にはいたくない・・・
自分が邪魔もの扱いされるようなことは避けたい・・・

といったような理由です。

 

ワーカホリックは個人の価値観が大きく影響するのですが、後者は、人間関係の問題なので解決するのが難しくなります。

あなたはなぜ夫婦関係を良くしたいのですか?

「帰宅困難症」の問題を考えるときに、夫婦関係のことは避けて通れません

 

夫婦関係は、もっとも身近で重要な人間関係です。
その人の幸せ感を左右する人間関係でもあり、
その一方でとても難しい人間関係でもあるのです。

 

そもそも、夫婦関係をよくすることの最大のメリットって何でしょうか?
それは、
 あなたが家でのんびり、心穏やかに過ごせるような環境をつくること
ではないでしょうか?
結婚当初には、必ずと言って良いほど決まって言います。

 

「笑顔の絶えないあたたかい家庭を作りたい」

 

誰もがそう願っていたはずなのです。

 

ところが、「こんなはずではなかった・・・」と感じてしまいます。
いつからどこで間違ってしまったのでしょうか?

 

そんなあなたは、今すぐに夫婦関係を良くする必要がありますね。めんどうに感じますけど・・・。
仕事をして働いている間は、仕事を理由にして面倒なことから逃げることはできます、
でも定年退職のあとはどうするのでしょうか?子供も独立して2人きりで過ごす時間がたっぷりと残っているのです。

 

ではどうしたらよいのでしょう?

夫婦の会話がうまくいくたった一つの方法

 

結婚生活は長いです。
とりあえず夫婦関係の改善に取り組むのが最善の策です。

 

不平不満もあり、我慢することも多いでしょうが、四の五の言わずに、
 とりあえず関係改善に取り組む
ことをおススメしめす。(とりあえず・・・です)

 

これまでは、「残業して頑張るほうが評価される」ような職場環境だったかもしれません。
それが急に
「残業せずに仕事の効率化を図れ」
という話になり戸惑っている事情もあります。
なので、その気持ちを妻の方もくみ取ってあげることも大切でしょう。

 

さらに「退社してからの家族の時間を夫婦でどのように使うか」について、夫婦間でしっかり話し合うことが必要です。

 

〇夫側の「早く帰りたくない」と思う理由
〇妻側が求める夫の家事分担内容
などをお互い伝えることなく、不満を抱えてあっている状況もよく聞く話です。

 

フラリーマンを生み出さない夫婦の「意識改革」が必要です。
そのためには、
 心構えをよくるすこと
 会話を増やすこと
 信頼関係を高めること
の3つが重要な要素です。

 

これらのページを参考にして頂いて、ぜひ夫婦関係の改善を図って下さい。

 

わせて読みたい記事

なぜ夫婦関係が幸せに必要なのか?

夫婦関係が子供の心を安定させる   「すばらしく幸せな人々」  「それほどでもない人々」  あなたはどちらになりたいですか? 心理学者のセリグマン博士によると、それを分けるものは  「豊かで満ち足りた人間関係の有無」なのだそうです。 もっとも人生の中で長い時間をすごす夫婦の関係を豊かなものにすることこそが、 「不幸な人々」ではなく...

≫つづきを読む

イクメンとは何モノなのか?

イクメンを示すカンガルー家族  イクメンとは、   「育児を楽しむ男性。育児を積極的に行う男性のこと」 であり、毎年(勝手に)行われている新語・流行語大賞で、 2010年のトップテンに入っています。 (思ったより昔に流行った言葉なんですね) 育児に積極的に参加するのは、とても良いことと前向きにとらえられる風潮もあり、行政も悪ノリ...

≫つづきを読む

イクメンがダメ親父になる理由

イクメンを示すペンギン家族  ”イクメン”と聞くと、とてもよくできた夫というイメージをお持ちではないでしょうか? お母さんのように優しいイクメンと、お母さんに育てられた子供は、とても恵まれているとイメージされるのではないでしょうか? ところが・・・イクメン家庭に育てられた子どもは、  「つねに家族の注目の中心にいて、それが当た...

≫つづきを読む

家族の不機嫌なときの心の持ち方

どんな時も晴れた心を忘れないイメージ  あなたは雨の日が好きですか?  洋服が濡れる、靴が濡れる、傘を持つのが面倒、湿気がうっとうしい・・・ 「雨の日はイヤだなぁ・・・、ついてないなぁ・・」 そんな感情が湧いてくるのでしょうか? ましてやそれが月曜日だったとしたら・・・  ♪Rainy days and Mondays always g...

≫つづきを読む

心のメガネをかけ換えて関係を良くする

心のメガネ 夫婦や親子、友人や同僚など、いろんな人間関係で悩むことがあります。その悩みの原因は、 「相手の考えていることがわからない・・・」 「自分の思いが相手に伝わらない・・・・」 「価値観が合わない・・・」のどれかに当てはまるのではないでしょうか? この絵に描かれているものはなんでしょうか? ある人には、白...

≫つづきを読む

幸せを感じるためには感謝が必要なワケ

感謝_thanks 感謝すると、不安や憂鬱を減らす効果がある ご存知でしたか? なんとなく感じたことがあるかもしれませんが、もっとしっかり意識して考えてみましょう。 なぜ、感謝の気持ちを持つとネガティブな感情が減るのでしょうか? ネガティブな感情というのは、  過去の失敗や将来への不安が原因となっています。 ”あのとき...

≫つづきを読む

夫婦仲を良くする会話術

夫婦の会話術 夫婦の会話がうまくいかない・・・・そんな悩みをお持ちの方が多いようです。夫婦という関係だからこそできない、夫婦だからこそやらなければならない会話というものがあるのです。あなたが奥さまとの会話でやってはイケナイことは、つぎの3つです。まず、この3つを直してみることからスタートしてみましょう。1)ほめな...

≫つづきを読む

男性は独身よりも結婚した方が長生きするたった一つの理由

夫婦 あなたはご存知でしたか? 男性の既婚者は独身よりも平均的に長生きするという事実・・・・。ある調査によると、人とのつながりが強い人は、孤独に一人で暮らしている人よりも、平均で7年も長生きすることが知られています。特に、男性の場合、既婚者は、独身者よりも長生きする最大の理由は、人とのつながりが満ちた人生...

≫つづきを読む

結婚生活は”我慢が必要”と考える人の大きな間違いな理由

我慢と忍耐  ”結婚生活には我慢が必要だ!!”などと言う人がいますが、それは大きな勘違いをしている人です。 もし、あなたがそういう考えを持っているなら、今すぐ捨ててしまいましょう。その考えを続けていると、 ”結婚生活が続かない”からです。結婚生活を続けるのに必要と思ってしていた我慢が、結果的に続かない原因となっ...

≫つづきを読む

帰宅困難になる夫の心理を理解して夫婦関係を見直す

働き方改革も浸透してきました。ひと昔前よりも、 残業無しでまっすぐ早めに帰宅することが世の中的に認められるようになってきたのではないでしょうか?ところが、せっかく早く退社しても「まっすぐ家に帰りたくないな・・・」と感じたことはありますか?もし、あなたがそんな気持ちになったことがあるとすれば、それは「...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる