夫婦関係を再構築するには、信用を得ること

信頼口座の残高を増やす

このエントリーをはてなブックマークに追加   

信頼関係がなければ、どんな相手ともポジティブな関係を創ることはできません。
それは、夫婦関係のように、より近距離の関係にある場合はとくにそうです。

 

スティーブン・R・コヴィー博士は、「7つの習慣」の本の中で、

 

 「銀行の口座にお金を貯金するように、相手の”信頼口座”にあなたの信頼の貯金を預けることが大切である」

 

と述べています。

 

 信頼口座への預け入れに効果的な方法は、この3つです。

 

 1.礼儀正しくする
 2.親切にする
 3.約束を守る

 

 逆に、信頼口座から引き出すのは、どんなことがあるでしょうか?

 

 1.無礼
 2.見下す
 3.話を聴かない
 4.気まぐれな態度
 5.無視する

 

 もし、このような引き出すようなことをしていまうと、相手との関係は壊れてしまいます。
でも、日ごろから信頼口座に信頼をたっぷりと預け入れてあれば、壊れなくて済みます。

 

夫婦関係は、世の中でもっとも親密で充実した人間関係になるはずのもので、もっとも長く続く人間関係ということができます。
(←最も難しい関係は夫婦関係)
 この関係においては、家計と同じように、信頼口座を赤字にしないように、毎日コツコツと信頼の預け入れを行って残高を増やしておくことが大切です。

今すぐできる信頼を高める6つの行動

相手からあなたへの信頼を高めるために、実行することはなんでしょうか?

 

次の6つをすぐにでも実行すれば、あなたの信頼度を間違いなく確実にUPすることができます。

 

相手を理解する

  相手の関心のあること、大切にしていることについて、まず理解することです。
  自分の勝手な判断ではなく、相手の価値観を理解して、自分がしてもらうことは考えずに、「自分がして欲しいことを相手にしてあげる」ことです。

 

小さなことを気遣う 

  いつもよりも、ほんの少しの思いやりを持って、相手の内側のやわらかい部分、特に気持ち、感情を気遣うことです。

 

約束を守る

  約束は破ってしまうと、信頼を大きく引き出すことになります。なので、守れない約束は、初めからしない方が良くて、もし守れない場合はいさぎよく撤回することです。

 

期待を明確にする

  目標をなるべく具体的にして、はじめに明確にすることで、お互いにむだな労力を省くことができます。
  とくに夫婦の場合には、明確に言葉にせず、胸に抱いていることも多いのですが、期待を裏切ってしまうと大きな引き出しとなるので、はじめにお互いを理解するために話し合っておくことが大切です。

 

誠実さを示す

  ”誠実さ”は、あなたが信頼されるための基礎となる部分です。
  ”正直さ”は、「現実どおりのことを言うこと」なのですが、”誠実さ”はもうひとつ上のレベルで、「有言実行」で、
「自分の言葉に現実を合わせること」です。
  自分の言ったことを実行して、相手からの信頼を高めることになります。また、その場に居ない人に対しても、誠実であることが重要です。

 

引き出した時には心から謝る

  信頼をなくすようなことをしてしまった場合には、謝ることです。
  誠心誠意の謝罪は、逆に大きな預け入れになる可能性もあります。

 

わせて読みたい記事

離婚のたった1つの原因を知れば結婚生活はうまくいく!?

離婚する原因 既婚のあたなは、これまでに1度は、「もう離婚したい・・・」と考えたことがあるのではないでしょうか?未婚のあなたは、「結婚しても、うまくいかずに離婚するのでは・・・?」と不安に思っていないでしょうか?ちなみに日本では、「3組に1組は離婚している」 (婚姻数64.9万÷離婚数22.4万=2.9 2014...

≫つづきを読む

最も難しい関係は夫婦関係!?

夫婦関係の距離感  あなたの 人間関係 はうまくいっていると自信を持って言えますか? 順調ですか?それとも悩みを抱えてますか? ”人間の悩みは人間関係の悩みである”と心理学者のアドラーは言っています。 誰しもが抱えている人間関係の課題のことを人生のタスク(課題)と呼んで、仕事のタスク・交友のタスク・愛のタスクの3つが...

≫つづきを読む

夫婦関係が劇的に良くなる心がまえ

夫婦関係の構築  アドラー心理学では、人間関係を  仕事のタスク  交友のタスク  愛のタスクの3つの関係に分けて考えられています。(←最も難しい関係は夫婦関係!?) あなたは、最も難しい”愛のタスク”についてどう感じましたか? 日本の男性は、もっとも簡単な仕事の人間関係(=仕事のタスク)に時間をかけています。 そ...

≫つづきを読む

夫婦関係を再構築する2つの方法

相手を許すこと ”夫婦関係を再構築しよう・・・”、”今の夫婦関係をなんとかしたい・・・”という人のためになる、一つの逸話があります。ある男性が、カウンセラーのところに相談に行きました。 「妻が僕を愛してくれないのです。彼女の愛情は冷めてしまったのです。もう離婚するしかありません」 そこでカウンセラーはその男性にアド...

≫つづきを読む

夫婦間の信頼関係を高める方法

夫婦間の信頼関係 信頼関係がなければ、どんな相手ともポジティブな関係を創ることはできません。それは、夫婦関係のように、より近距離の関係にある場合はとくにそうです。スティーブン・R・コヴィー博士は、「7つの習慣」の本の中で、 「銀行の口座にお金を貯金するように、相手の”信頼口座”にあなたの信頼の貯金を預けることが大切で...

≫つづきを読む

夫婦の不満をため込まないためにあなたができること

夫婦ゲンカ  あなたは、いつも夫婦関係に不満を持っていませんか? 一緒にいても”楽しくない”と感じていませんか? 話を聞いてくれない/グチグチうるさいゴミを出してくれない/家事をキチンとしない服の脱ぎ方やご飯の食べ方が汚い/お金をムダ遣いして・・・  ・  ・ たとえ小さなことでも、心の中に”不満”をもつことは...

≫つづきを読む

相手を自分の言いなりにしようとする人は幸せになれない理由

相手への理解 パートナーや子どもに対して、自分の言いなりにさせたいどうして自分の思い通りにやらないんだろう自分が正しく、相手が間違っているというような思考を持つことが多くないですか?少しでも心あたりがある方は”要注意”です。このようなタイプの人は、 我が強く、ややわがままな性格です。 その一方では、自分が引っ張っ...

≫つづきを読む

幸せな結婚生活に欠かせない価値基準を取り戻そう

自分の価値基準 もし、今あなたが結婚相手を選ぶとしたら、どんな人を選ぶでしょうか?「婚活」という言葉が、就職活動の「就活」になぞらえてあります。「就活」では、世間でいうところの、”安定した優良な企業”が毎年上位にランキングされます。”何をやりたいか?”という仕事の中身ではなく、”どんな会社か?”という選択基準が重要...

≫つづきを読む

熟年離婚を回避する唯一の夫婦の幸福度アップ法

結婚生活 結婚生活の幸福度を決めるものって何でしょうか?これを調べた注目の研究結果があります。ルイス・マディソン・ターマンというアメリカの心理学者の調査で結婚生活について質問したら、つぎの項目が高い夫婦ほど幸福度が高かったそうです。〇2人で戸外で何か楽しいことをする〇家計の扱いについて夫婦の意見が一致している...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる