離婚する夫婦には大きな原因があります。その原因を理解できればあなたの夫婦関係を改善できます。

離婚はとても身近な問題

このエントリーをはてなブックマークに追加   

既婚のあたなは、これまでに1度は、「もう離婚したい・・・」と考えたことがあるのではないでしょうか?
未婚のあなたは、「結婚しても、うまくいかずに離婚するのでは・・・?」と不安に思っていないでしょうか?

 

ちなみに日本では、
「3組に1組は離婚している」

 (婚姻数64.9万÷離婚数22.4万=2.9 2014年調査)

 

となっています。
つまり、離婚て大げさな気がしますが、
実はすごく身近にあること
なんです。

 

では、それほど離婚が身近になるのはどういうことが原因なんでしょうか?
確かに、夫婦関係というのは、難しい人間関係です(←最も難しい関係は夫婦関係!?)。

 

それにしても、
お互いに「幸せになろう・・」と思って結婚したはずだったのに・・・
です。 

 

離婚するたった1つの原因とは?

離婚の原因について、興味深い調査があります。

 

離婚を専門に扱っているあるカウンセラーのお話です。
そのカウンセラーは、20年以上にわたって、何百組という夫婦の離婚相談を受けているそうです。
そして、そのカウンセラーは、離婚の相談にくる人がある共通して口にする言葉に気づいたそうです
もちろん、夫婦によってうまくいっていない原因は色々だったのですが、共通して例外なくこの言葉を言うのです。

 

 

 「結婚して幸せになるはずだったのに・・・」

 

 

これってどういうことでしょうか?
簡単に言うと、
結婚=>幸せ

 

という図式が壊れてしまったという訳です。
まず、大前提としてあった
結婚して幸せにな予定が、崩れてしまった・・・
というのです。

 

さらに、そのカウンセラーによると、結婚がうまく行かないカップルの典型として、

女性は、シンデレラや白雪姫を夢みている
男性は、優しいもう一人のお母さんを求めている

場合が多いというのです。

 

つまり、離婚の最大の原因は、

 

”自分が幸せになるかどうか”を相手に依存している

 

ということなのです。

 

幸せかどうか?
の価値基準は、個人個人の考えでもあり、時によってもどんどん変化します。
それに、次々と不満が出てくるので、いつまでも満たされることはありません。

 

もし、その満たされることのない不満の原因を、相手にに求めていては、
いつまでも
”幸せになることはできない”
のです。

 

いま離婚を考えてしまっているあなたは、

 

相手に幸せを求めて(不満の原因を相手のせいにして)、結果として相手に依存している

 

ことが原因ではないでしょうか?
←幸せな結婚生活に欠かせない価値基準を取り戻そう

 

まず、あなたができることは、

 

自分がどうすれば、相手は幸せなのか?

 

と、逆に相手のことを考えてみましょう。

 

”幸せを人からもらおう”
と思っている人には、いつまでも幸福は訪れないのです。

それでも結婚を勧める理由

 日本では、なかなか結婚しない人がどんどん増えて、晩婚化していると言われています。

 

 「結婚⇒幸せ」という前提がくずれて離婚する人が多いということなので、
結婚しない人は、はじめからその前提が成り立っていないと言えるかもしれません。

 

 つまり、”幸せ”の大きさが、

 

 結婚 < 独身生活

 

となっているということです。

 

でもそれは、
”経済でみた一面的な幸せのカタチ”
を追い求めているに過ぎません。

 

本当は、”精神的な幸せのカタチ”とは異なっているものなのです。

 

心理学的には、幸せな人とそうでもない人とを分けるものは、
「豊かで満ち足りた人間関係の有無」
と言われています。

 

 なので、もし、良好な夫婦関係をつくることができれば、一人で得られる幸せよりも、
もっと幸福感を感じ、ココロが安定した人生を送ることができるのです。
←なぜ夫婦関係が重要か?

 

結婚している方も、これからするかもしれない方も、”本当の自分の幸せ”について、じっくりと前向きに考えてみても良いかもしれませんね。。

 

わせて読みたい記事

離婚のたった1つの原因を知れば結婚生活はうまくいく!?

離婚する原因 既婚のあたなは、これまでに1度は、「もう離婚したい・・・」と考えたことがあるのではないでしょうか?未婚のあなたは、「結婚しても、うまくいかずに離婚するのでは・・・?」と不安に思っていないでしょうか?ちなみに日本では、「3組に1組は離婚している」 (婚姻数64.9万÷離婚数22.4万=2.9 2014...

≫つづきを読む

最も難しい関係は夫婦関係!?

夫婦関係の距離感  あなたの 人間関係 はうまくいっていると自信を持って言えますか? 順調ですか?それとも悩みを抱えてますか? ”人間の悩みは人間関係の悩みである”と心理学者のアドラーは言っています。 誰しもが抱えている人間関係の課題のことを人生のタスク(課題)と呼んで、仕事のタスク・交友のタスク・愛のタスクの3つが...

≫つづきを読む

夫婦関係が劇的に良くなる心がまえ

夫婦関係の構築  アドラー心理学では、人間関係を  仕事のタスク  交友のタスク  愛のタスクの3つの関係に分けて考えられています。(←最も難しい関係は夫婦関係!?) あなたは、最も難しい”愛のタスク”についてどう感じましたか? 日本の男性は、もっとも簡単な仕事の人間関係(=仕事のタスク)に時間をかけています。 そ...

≫つづきを読む

夫婦関係を再構築する2つの方法

相手を許すこと ”夫婦関係を再構築しよう・・・”、”今の夫婦関係をなんとかしたい・・・”という人のためになる、一つの逸話があります。ある男性が、カウンセラーのところに相談に行きました。 「妻が僕を愛してくれないのです。彼女の愛情は冷めてしまったのです。もう離婚するしかありません」 そこでカウンセラーはその男性にアド...

≫つづきを読む

夫婦間の信頼関係を高める方法

夫婦間の信頼関係 信頼関係がなければ、どんな相手ともポジティブな関係を創ることはできません。それは、夫婦関係のように、より近距離の関係にある場合はとくにそうです。スティーブン・R・コヴィー博士は、「7つの習慣」の本の中で、 「銀行の口座にお金を貯金するように、相手の”信頼口座”にあなたの信頼の貯金を預けることが大切で...

≫つづきを読む

夫婦の不満をため込まないためにあなたができること

夫婦ゲンカ  あなたは、いつも夫婦関係に不満を持っていませんか? 一緒にいても”楽しくない”と感じていませんか? 話を聞いてくれない/グチグチうるさいゴミを出してくれない/家事をキチンとしない服の脱ぎ方やご飯の食べ方が汚い/お金をムダ遣いして・・・  ・  ・ たとえ小さなことでも、心の中に”不満”をもつことは...

≫つづきを読む

相手を自分の言いなりにしようとする人は幸せになれない理由

相手への理解 パートナーや子どもに対して、自分の言いなりにさせたいどうして自分の思い通りにやらないんだろう自分が正しく、相手が間違っているというような思考を持つことが多くないですか?少しでも心あたりがある方は”要注意”です。このようなタイプの人は、 我が強く、ややわがままな性格です。 その一方では、自分が引っ張っ...

≫つづきを読む

幸せな結婚生活に欠かせない価値基準を取り戻そう

自分の価値基準 もし、今あなたが結婚相手を選ぶとしたら、どんな人を選ぶでしょうか?「婚活」という言葉が、就職活動の「就活」になぞらえてあります。「就活」では、世間でいうところの、”安定した優良な企業”が毎年上位にランキングされます。”何をやりたいか?”という仕事の中身ではなく、”どんな会社か?”という選択基準が重要...

≫つづきを読む

熟年離婚を回避する唯一の夫婦の幸福度アップ法

結婚生活 結婚生活の幸福度を決めるものって何でしょうか?これを調べた注目の研究結果があります。ルイス・マディソン・ターマンというアメリカの心理学者の調査で結婚生活について質問したら、つぎの項目が高い夫婦ほど幸福度が高かったそうです。〇2人で戸外で何か楽しいことをする〇家計の扱いについて夫婦の意見が一致している...

≫つづきを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク



HOME プロフィール マインドを整える あんしん夫になる 勉強する子供に育てる