転職マインド

自分の強みを見つける

毎日同じ悩みを抱えながら生活している人がそれを変えようとするために必要なものは
 たった一つ、「行動すること」です。
 不満や悩みを持ちつつも、現状を変えようとしない人の口癖、思考パターンは大きく次の2つです。 
 パターン1:理屈で回避「確かに~~だよなぁ、しかし・・・」
        確かに今の会社じゃ未来はないよなぁ~、
        しかし、転職したからといってそんなに良くなるとも限らないしねぇ~
 パターン2:責任転嫁で回避 「もし~~だったらなぁ・・・」
        もし、学歴がもっと高ければなぁ~、自由に会社変われるのになぁ~
        もし、時間がもっとあれば、自営業でもやるのになぁ~
 このような口癖、思考パターンに陥っていないでしょうか?
 もし、あなたがこのようなパターンを持っているとすれば、
  自分の強みを自覚していない=ちょっともったいない人
です。
  ”自分の課題”や”やらなければならないこと”
から、 逃げている状態 なのではないでしょうか? 

VIAテスト|自分の強みを見つける

 「人生の成功」と呼ばれるモノが世の中には存在し、そのための”秘訣”がまことしやか
に語られたりしています。
 成功した人の秘訣を学ぶのも大切かもしれませんが、自分なりの成功の秘訣を見つける
ことが重要となります。
 ポジティブ心理学のセリグマン教授は、その人の自分の強みを判定できる測定テスト
であるVIAテストをWeb上に公開しています。
 https://www.authentichappiness.sas.upenn.edu/ja
 質問が240個もあるため、ある程度時間はかかりるのですが、24個に分類された強みのうち、あなたがどのような強みを持っているかを判定してくれるものです。
 このテストを受けることで、もしあなたが自分には才能が無いと思っていたとしても、たくさんの才能に恵まれている(=すでに持っている)ことに気づくことができます。
 ぜひ、一度チャレンジしてみて、その才能を活かせる場所、分野を考えてみてはいかがでしょうか?
 VIAテストが定義する人の強み

  • 6つの知恵

      好奇心  向学心  柔軟性  創造性  社会的知性  大局観

  • 3つの勇気

      勇敢さ  忍耐力  誠実さ

  • 3つの正義

      チームワーク  公平さ  リーダーシップ

  • 2つの人間性

      親切心  愛情

  • 3つの節度 

      自制心  思慮深さ  謙虚さ

  • 7つの高い精神性 

      審美眼  感謝  希望  目的意識  寛容さ  ユーモア  熱意

自分を認めることから始める

 VIAテストの結果はいかがでしたでしょうか?
 まず、自分自身を受け入れる態度をもつことが重要です。
 人間なので、さまざまな劣等感をもっているとおもいますが、会社や社会の中での
役割をじっくりとみつめ、自分が参加していることでなんらか強みを発揮できていて、
貢献していることをきちんと認識することです。
「何事かを成し遂げられるのは、強みによってのみである。弱みによって何かを行う
 ことはできない。もちろんできないことによって何かを行うことなど到底できない」
  (ピータードラッカー『明日を支配するもの』)
 大切なことは、なんらかの劣等感があったとしても、その不完全な自分を認める勇気をもつことです。
不完全な部分をみとめることで、逆に強みが見えるようになるのです。
 あくまでも完璧を求めるのではなく、いかに自分の強みを見つけ”向上”していけるか(いけそうか?)を追求していくことができれば、どんどん気持ちをポジティブに変えていくことができます。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA