未来志向で進む

怒りのコントロール法

あなたは、夫婦でモメ事やささいなことで、”怒り”や”不満”を溜めこんでいないでしょうか?
ナゼ、怒りや不満が溜まるのでしょうか?
それは、自分が怒っているのは相手に原因があり、あなた自身の正当性があると考えているからです。
もちろん、少なからず相手に問題があったのでしょう。
それを正しい方向に向かわせるのは、あなたの役目であり、間違っていないでしょう。
でも・・・・
それは、お互いの関係を考えたとき、決してプラスになる態度ではありません
あなた自身にも、相手との関係でも、ネガティブな心理状態を作り出してしまいます。
あなたは、怒りと不満を正当化する(=相手が間違っている)ことを主張することと引き換えに、ネガティブな関係を作ることになってしまうのです。
そして、そのネガティブな状況を作り出してしまうと、それを修復するためのムダな時間とエネルギーをかけなければいけなくなってしまうのです。

相手を許す思考法

ほとんどの人は、自分の行動、言うことは”正しい”と信じています。
あなたも、例外ではないでしょう。
しかし、相手と衝突するときというは、その自分が正しいという思いが強すぎるのです。
そして、お互いにネガティブな感情となって、得することはありません。
では、どうしたらそういった怒りや不満を取り除くことができるのでしょうか?
できる方法が一つあります。
それは・・・
「自分にも責任があることを受け入れること」
です。
人間の脳は、一つの思考しか同時にもつことができないようにできているので、自分にも責任があると認めながら、相手に怒ることは不可能なのです。
これでネガティブな感情は小さくなり、平和でおだやかな気持ちでいられることができるようになります。
最初はなかなか難しいかもしれませんが、
  「相手を許し、相手の幸せだけを願う」
と自分に言い聞かすことで、とてもポジティブな気持ちを手に入れることができるようになります。
ちなみに、
 「自分も悪いけど、お前も悪い」
と言って怒っている人は、実は、「自分にも責任がある」とはそれほど思っていないので、注意が必要になります。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA