愛情を取り戻す

夫婦間の信頼関係を高める方法

信頼関係がなければ、どんな相手ともポジティブな関係を創ることはできません。
それは、夫婦関係のように、より近距離の関係にある場合はとくにそうです。
スティーブン・R・コヴィー博士は、「7つの習慣」の本の中で、
 「銀行の口座にお金を貯金するように、相手の”信頼口座”にあなたの信頼の貯金を預けることが大切である」
と述べています。
 信頼口座への預け入れに効果的な方法は、この3つです。
 1.礼儀正しくする
 2.親切にする
 3.約束を守る
 逆に、信頼口座から引き出すのは、どんなことがあるでしょうか?
 1.無礼
 2.見下す
 3.話を聴かない
 4.気まぐれな態度
 5.無視する
 もし、このような引き出すようなことをしていまうと、相手との関係は壊れてしまいます。
でも、日ごろから信頼口座に信頼をたっぷりと預け入れてあれば、壊れなくて済みます。
夫婦関係は、世の中でもっとも親密で充実した人間関係になるはずのもので、もっとも長く続く人間関係ということができます。
相手を理解する

  相手の関心のあること、大切にしていることについて、まず理解することです。
  自分の勝手な判断ではなく、相手の価値観を理解して、自分がしてもらうことは考えずに、「自分がして欲しいことを相手にしてあげる」ことです。

小さなことを気遣う 

  いつもよりも、ほんの少しの思いやりを持って、相手の内側のやわらかい部分、特に気持ち、感情を気遣うことです。

約束を守る

  約束は破ってしまうと、信頼を大きく引き出すことになります。なので、守れない約束は、初めからしない方が良くて、もし守れない場合はいさぎよく撤回することです。

期待を明確にする

  目標をなるべく具体的にして、はじめに明確にすることで、お互いにむだな労力を省くことができます。
  とくに夫婦の場合には、明確に言葉にせず、胸に抱いていることも多いのですが、期待を裏切ってしまうと大きな引き出しとなるので、はじめにお互いを理解するために話し合っておくことが大切です。

誠実さを示す

  ”誠実さ”は、あなたが信頼されるための基礎となる部分です。
  ”正直さ”は、「現実どおりのことを言うこと」なのですが、”誠実さ”はもうひとつ上のレベルで、「有言実行」で、
「自分の言葉に現実を合わせること」です。
  自分の言ったことを実行して、相手からの信頼を高めることになります。また、その場に居ない人に対しても、誠実であることが重要です。

引き出した時には心から謝る

  信頼をなくすようなことをしてしまった場合には、謝ることです。
  誠心誠意の謝罪は、逆に大きな預け入れになる可能性もあります。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

Views

コメントを残す

*

CAPTCHA