愛情を取り戻す

相手を自分の言いなりにしようとする人は幸せになれない理由

パートナーや子どもに対して、

自分の言いなりにさせたい
どうして自分の思い通りにやらないんだろう
自分が正しく、相手が間違っている

というような思考を持つことが多くないですか?
少しでも心あたりがある方は”要注意”です。
このようなタイプの人は、
 我が強く、ややわがまま
な性格です。
 その一方では、自分が引っ張っていくという責任感、使命感みたいなものの裏返しで、
 「自分が正しい」=「相手が間違っている」
と思い込んでいます。
 なので、自身ではほとんど罪悪感めいたものは持っていない場合が多いのが困った点です。
 このような人は、口では”相手のためだ”と言いながらも、最終的・結果的には、
”自分のことを優先している人”
です。
 相手や周囲の人からすれば、いわゆる、
 「面倒な人」
になっている可能性がです。
 このような場合、相手は(面倒なので・・)その場その場では、従うような態度を取ってくれるかもしれません。
しかし、あなたに対し、納得や共感することはありません。
これは心理学的にも証明されていることなのです”誰からも相手にされない面倒な人”
になってしまう危険性があります。

夫婦関係を円満にするために必要な相手への2つの気持ち

あなたが
”誰からも相手にされない面倒な人”
にならないためにはどうしたら良いでしょうか?
まず第1に・・・貢献する気持ちです。
相手が自分の言うことを聞き入れてくれるかどうか?
ではなく、
自分が相手に対して何ができるのか?どう貢献できるのか?
を考えるようにしましょう。
相手の自主性を尊重して、支配するのとは反対に、相手の希望を叶えることを手伝う姿勢を持つことが大切です。
そして、第2に・・・共感する気持ちです。
 相手のことをどれだけ共感して理解することができるかが大きなポイントになります
 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA