勉強する子供に育てる方法

「為せば成る」マインドを持った子どもに育てる方法

「為せば成る」
あなたのお子さんを励ますときに使っていませんか?
とにかくやればできる!
と勘違い(?)でもしてくれて、努力してくれたら、親としては嬉しいですもんね。
とても使い古された言葉ですが、その本当の意味を考えてみたいと思います。

 

 私たち人間の意識には、
 「顕在意識」 と 「潜在意識」
 があります。
(潜在意識とは: オトナ 「将来、何になりたい」
子ども 「プロ野球選手かサッカー選手」
オトナ 「プロになれるのはほんの一握りでなれる確率は低いから、やめといた方がいいよ」

 子どもが勉強を頑張れるのは、

「あの学校に入りたい!何としても入りたい!」
「入学したら、〇〇をやりたい!」
「思いっきり学校生活を楽しみたい!」

といった考えを持っていることもです。
最後はそんな強い気持ちを潜在的に持っている子どもは、その夢を実現していくことができるのです。

”熱”に例えることができます。
 この”熱”が熱ければ熱いほど、水は沸点に達し、蒸発(=思いが叶う)することになります。
 
 水は100℃の沸点に達するまでは、その温度の上昇は見た目だけでは何℃まで上がっているのかわかりません。
 でも、100℃に達したとたんに沸き立って、一気に気体へと変化していきます。
img/kettle-933135_640.jpg” style=”width:125px;height:125px;” alt=”お湯が沸く様子” />
 大切なことは、この思い(=子どもの創造性)を温めるのを手伝うことであり、決してオトナの価値観を押し付けて”冷やさない”ことです。
 勉強する子どもに育てるには、勉強そのものを教えることだけでは決してうまくはいきません 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

Views

コメントを残す

*

CAPTCHA