働き方マインド

会社の人間関係を良くする3つの方法

あなたが会社に行きたくない本当の理由

あなたがもし、
 「今日は会社に行きたくないなぁ・・」
と考えるとき、何を思い浮かべているでしょうか?
”仕事が辛くてイヤ!”というよりは、”厳しい上司が怒っている顔”を思い浮かべていたりするのではないですか?
「うまくいかなかったら、怒られてしまう・・・」
「失敗したら、同僚に笑われる・・・」
「あまり積極的にやりすぎると、上司に嫌われる・・・」

そうです・・・あなたの気分を憂鬱にしているのは、仕事そのものではなく、
会社の人間関係
なのです。
では、なぜ人間関係があなたを憂鬱にするのでしょうか?
あなたの思考は、おそらく・・・
 「自分がどう思われるだろうか?」 「怒られて自分が傷つきたくない」
という”余計な心配”があなたにプレッシャーとなり、ストレスを感じさせているのです。
つまり、逆にいえば、その”余計な心配”を無くすことさえできれば、ストレスとなっている憂鬱な気分を無くすことができるのです。

人間関係を良くする3つの方法

それでは、会社の人間関係は劇的に良くなり、あなたが会社で感じる余計なストレスから解放される3つの方法をお示しします。


1.自分のダメなところを知る

できないことを悩んでいても、決して幸福になることはありません。
まず、自分の欠点を認めることです。
自分の欠点を認める人は=勇気がある人です。
確かに、ネガティブな感情が生まれるかもしれませんがそれは一時的なもの。
それをいったん受け入れられれば、次に
”自分の良いところを探す”
ことを始めることができます。
この切り替えは、次の新しい向上心が生まれるエネルギーになるのです。
自分のダメなところを認めることで、最終的にはプラスの効果を得ることができるのです。

2.間違いを認めることを恐れない

間違いを認めない人は愚かな人と考えましょう。
  間違いを認めない=過去にこだわる人
です。
間違いを認めることができれば、過去の失敗をいったん自分から切り離すことができます。
そして、それは過去のものとして、つぎの新しいことを考えることができるようになります。
自分の間違いを取り繕うことにエネルギーを使ってはいけないのです。
そのエネルギーを済んだことではなく、次のほかのことに使える人ほど賢い人なのです。

3.人の批判はしない・聞かない

組織の中では、とかく人を批判する人がいます。
人の批判で意見を一致させて、「共通の敵」を作って、自分に味方意識を植え付けようとする人がいます。
小中学生の子どものいじめ程度のレベルの話ですが、たちが悪いので要注意です。
もし、陰で人を批判する人という印象を持たれると、
 「この人はきっとどこかで自分のことも悪く言っているに違いない!」
と考えられてしまいます。
あなたから発した”誠実でない行動”は、連鎖していき、必ずあなた自身に”マイナスの効果”として戻ってくるのです。
いかがでしたでしょうか?
もしあなたが、この3つのうち、できていないと感じることがあれば、さっそく今日からでも意識してみてはどうでしょうか?
きっと人間関係で余計に悩むことは無くなります。

コメントを残す

*

CAPTCHA