マインドを整える

心が折れることもある|そんな時の対処法

人間の心はそれほど丈夫ではありません。
 いくら頑張っても、自分の力ではどうしようもないことがあります。
 例えば、地震や大洪水などの大きな災害があり、そんな時、人間はだれでもパニック状態になります。
 日常生活では、家のカギや財布を落としたりしたときにも、一種のパニック状態になった経験がありませんか?
 この”パニック”になるとはどんな状態なのでしょうか?
 実は、人間には、本能的に強いストレスがかかるとパニックになる機能があります。
 その仕組みは、
  ”心のブレーカー”
と呼ばれます。
 そうです・・・電気を使いすぎると、バチっと電気が切れる、あの状態です。
 あまりに大量の電気が流れると、電化製品が壊れたり、ショートして火事になったりする危険があります。
 電気と同じように、人間にも強いショックから身を守ろうとする本能が働くのです。
 あまりに強いショックや、一度にたくさんのストレスがかかると、
 心のブレーカー
が落ちる仕組みになっているのです。一種の防衛本能と言えるのです。
 症状としては、なにかの心理的に強いストレスを受けて、自分の身の回りで何が
おこっているのか、客観的に把握することができなくなってしまうのです。
 それは、次のような段階で進んでいきます。

まず、「どうしよう、どうしよう」・・・不安な気もちになる
  次に、慌ててしまいます・・・判断力が無くなる
  そして、何もできなくなっったり、逆にやってはいけないことする

ようになってしまいます。
  混乱して、とんでもないことをしでかす人もいれば、逆にフリーズしてしまい、
ただじっとしているだけになるような人もいます。
 現れ方や、その程度は、人によってレベルは様々にあると言われています。
 もちろん、折れない心を作る努力も必要かもしれません   ・なにが起きたかわからなくなる(無覚知)
  ・どうすればいいかわからない(心理パニック)
  ・きちんと適切な行動がとれない
  ・外部の情報が入らなくなる

心が折れたときへの対処法

 
 心が折れる時に、うまく対処するための方法は、大きく分けて2つに分類できます。

(1)前もって準備しておくこと

だれでもそのような状態になる可能性があることを理解しておく
 心が折れることはあなただけに起こるものではありません。誰でも可能性があります。
 と同時に、それは、一時的なものなのです。
 そのときに 「お先真っ暗だ」と思っても、そう思うのは一時的なのだと思えれば、次に進むことができるのです。
具体的なイメージを作ること
 あらかじめシミュレーションしておくことが大切です。あまりに突然であるほど、パニックの度合いは高まります。
 どんなことが起こるかを、少しでも想定しておくことです。
 そのときに、自分自身が、「きっと心が折れるんだろうなぁ」と、その状態を想定しておくのも、ショックを和らげる意味では有効です。
解決策を作っておく
 解決策のポイントは、
   かならず行動を伴うこと
 が必要です。
 何かストレスを受けることを想定したら、そのときには、そのストレスから逃れるために、「深呼吸する」でも「運動する」でも「早く家に帰る」でも良いので、
何か行動に移すものを決めておくことです。

(2)心が折れてしまってからすること

 ちょっと難しいかもしれませんが、もし強いストレスを受けたら、
”あっ!心が折れたな”
と自分で自覚してみることです。
 自分で自分を客観的に観ることで、かえって自分の周りが見えるようになるのです。
 いかがでしたでしょうか?
 あなたが、突然に強いストレスに襲われることはあり得ます。
 そんなときのために、少しでも参考にしていただけたらと思います。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

Views

コメントを残す

*

CAPTCHA