ストレスとうまくつきあう

ストレス解消法-心理コントロール編-

あなたが「ストレスがたまってきたな・・・」 と感じるときに、心のポジションを少し変えるだけでそのストレスを解消させることができます。
ストレスがたまってくるのは、”心理的な余裕が無くなっている状態”です。いろんなことが頭の中を渦巻いて、煮詰まったような状態になっています。
それを解消するには、少し心のポジションを動かして、心の中に”スキマ”をつくるようなイメージを持つことが効果的です。
今現在のあなた自身をじっくりと見つめて、それから自分に問いかけてみる・・・そうすることで自分の心を自分でコントロールできる状態に近づけていきます。
ストレス解消のための心理コントロール法をあげましたが、いくつかのオプションを知っていれば、その時々で合うものを適当に選んで試すことができますし、いくつか組み合わせることもできます。
行動コントロールによるストレス解消法とあわせて、実行してみると効果はさらに高まります。

 

【ストレス解消のための心理コントロール法】

1)自分の居場所を考える
 自分の居る場所は、命に危険があるだろうか?
 自分の生命を脅かしているものは何だろうか?
  ⇒ それほどの大事ではないと気づくことがほとんどです
2)抱いた感情を分析する
 今イヤだな、不快に感じたことは、どのくらい大変なことだろうか?
 不快な感情を持ち続けていて得するだろうか?
 この感情で、状況を良くすることにつながるだろうか?
  ⇒ 冷静に今の自分の状態を把握するとリラックスできます
3)悪いことは起きて当然と考える
 どんな人にも悪いことは起きる。
 良いこともあれば悪いこともある。
 これからを良くすればいい。
  ⇒ 今の自分が特別だという考えを捨てましょう
4)自分に間違いはなかったか考える
 自分がなにか無理を重ねていないだろうか?
 ズルをしたり、ごまかそうとしていなかっただろうか?
 もし何かしていたとしたら、それはある意味しょうがない。
  ⇒ 間違いを認めると、次のことを考えられるようになります
5)相手の話を聴いてみる
 この際だから、とことん相手の意見を聴いてみよう。
 自分のことは一旦おいておこう。
  ⇒ 相手を理解しようとすると、自分のことも理解してもらえます
6)自分にできることを考える
 今の状況で、自分になにができるだろうか?
 このピンチをチャンスに変えるアイデアは無いだろうか?
  ⇒ 起きたことよりも、今できることに集中したほうがうまくいくことが多いです

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA