お金のあんしんマインド

お金持ちになるお金の使い方

あなたはいつも、
”お金の心配がなくなればいいのに・・・”
と思っていないでしょうか?
というより、あなたの心配のほとんどは、お金さえあれば解決できるという悩みだったりして(-_-;)というのはよくある話です。
その一方で、まさに一攫千金で、宝くじやギャンブルで大当たりした人が、その後お金で失敗して悲惨な人生を送るというのもよく語られる話ですね。
結局、いつまでたってものお金の悩みから解放されることはないのでしょうか?
いつもお金の心配をして、悩みの中心にお金を置いて考えている人は、お金の悩みから解放されることは永遠にありません。
なぜならば、
 お金そのものに価値を置いている
からなのです。
 
お金そのものに価値を置いている人は、お金に執着しますので、お金を減らさないように・・悩んでいます。

お金持ちになるお金の使い方

本当のお金持ちは、価格と価値の違いをよくわかっているのです。
なので、価値が無いと判断すればお金は使わないのです。
単に高いか安いかだけで考えていては、モノやサービスの価値を見ることができません。
そういう人は
 「お金さえあればお金の心配はいらない」
というお金に執着した考えに陥ってしまうのです。
バーゲンに行って、安いからとりあえず買っておこう
などという考えを持っている以上は、経済的なあんしん感を持つことはできないのです。
その反対に、お金持ちになる人は、お金のことで悩んでいません。
それは、お金がたくさんあるからではなく、
 お金で手に入れられるものに価値を置いている
からです。
たとえばパートナーの誕生日に、どちらの花を買いますか?

美しいバラ一本        5,000円
 パッとしないお買い得花束  2,500円




もっとも重要なことは、
 「お金で支払った価格以上の”価値”を手に入れる」
ということを考えられるかどうかなのです。
 安いから、なるべくお財布の中身を減らしたくない・・・というだけの理由でお買い得花束を買う人もいるでしょう。
 その反対に、プレゼントされた相手の喜んだ姿やサプライズ感、あなた自身のバラを買った喜びとか興奮などを足し合わせて、美しいバラ一本で、価格以上の満足感が得られることを想像して、バラを買う人もいるでしょう。
 それは、仕事で身につける服やカバンなどでも同じです。
 安くてヨレヨレなものを身につけるとテンションが上がらないし、商談の相手にも低く見られて仕事の成果も上がりにくくなってしまいます。
 見栄をはるのではなく、自分がデキるビジネスマンとしての演出も必要です。
 結局、そういう積み重ねが、あなたの将来的な役割や立場にも影響し、将来もらえる給料も変わってくるのです。
 お金にだけに価値を置くのではなく、払ったお金の分だけその価値を楽しむ、価値を感じる気持ちが必要なのです。
 
 お金持ちと言われる人は、いかに自分が払ったお金が価値を生むのかを真剣に考えてお金を使います。
逆に、いくら安くても価値の無いものにはお金を払いません。
 あなたもこのようなお金の使い方を習慣にしていけば、無駄遣いが減り、むしろお金が貯まっていくこともあるのではないでしょうか?
 「価値のないものを買うのをやめて、価値のあるものにお金を使う」
を実行してみてはどうでしょうか?

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA