お金のあんしんマインド

お金に執着すると不幸になる

お金について、次の2つのことは正しいですか?

「お金はムダ遣いせず、大切にしなくてはならない」
「将来困らないように貯金しておかなければならない」

当然、正しいと考えているハズです。
それは、子どものころからそのように教えられてきたからです。
ところが、そのように教わってきた人ほど、実は
お金に執着している人
です。
お金の出入りをいつも細かく考えるのが習慣で、
数千円のお金の出入りに意識が向いていて、何をしていても、
「お金がもったいない」
「ムダ遣いばかりしてしまった」
といった調子で、楽しむことができないのです。
そして、
貯金が増える=豊かになる(幸せになる)
と信じている傾向が強いのです。

お金と幸福度の関係

お金と幸福の関係は、世界中で研究されています。
その結論から言えば、
お金と幸福度は、関係ない
これが、結果です。
ところが、世の中の人たちは、
 「お金が足りない」
 「お金がもっとあればいろんなことができて幸せになれるのに・・」
と嘆いています。
しかし、こういう人は、月収が100万、200万になったところで幸福度は変わりません。
豪華な車や家、付き合いなどが増え、”もっと良いもの、もっと高価なもの”が欲しくなります。
この、”もっともっと病”にかかってしまうと、いつまでたっても心がが平穏になることはありません。
この考え方にはまり込むと、”人生の大切なもの”を忘れてしまうことになります。
お金で買えるものと買えないものがあります。
 
お金は豊かで幸せになるための”道具”であって、決して”目的”ではないのです。

正しいお金の使い方

ある人の言葉で、

「お金持ちは、自分を豊かにしてくれるモノを買う
  貧乏人は豊かな気分にしてくれるモノを買う」

というのがあります。
お金自体に執着しても幸せにはなれません。
なので、お金の使い方を変えることです。
重要なことは、
 ×:お金が集まる→豊かで幸せになる
という考え方から、
 〇:自分らしい、豊かで楽しい生き方 → お金が集まる
に変えることです。
お金を気にするのではなく、自分らしさを表現することや、自分の感性を高めることに意識を向けることが大切なのです。
元気で幸せになっている人は、周りの人から魅力的に映るので、そういう人には、チャンスや素晴らしい人との出会いも巡って来ます。
お金に執着する人は、お金を集める、貯めることに意識が向いているので、
誰から見ても魅力的な人には見えないのです。結果的に、
”だれからも応援されない貧しい人生を送る”
ことになってしまいます。
 自分らしさを磨いて、自分の魅力を高める → 豊かになる
という順番で、お金を道具として、自分を磨くことに使う習慣を身につけたいですね。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA