お金のあんしんマインド

貯蓄ができる人になる

あなたは、
”少しでも貯金をしていますか?”
もし貯金をしていない人は、毎月の収入の少し(5%くらい)でも貯蓄に回すように心がけましょう。
ただし、ここで大切なことは、
 ただ単にお金を貯めることが目的ではない
ということです。
 
 アメリカのある大富豪は、
 「お金を貯めることができない人は、偉大な人物になる素質がない」
とまで言っているのです。
 貯蓄ができない人は、”稼いだお金を使いたい”という誘惑に常に負けていて、
 ”自制心に欠けている人”
である可能性が高いのです。
 また、貯蓄ができない人は、何か経済的に緊急的な事態が起きたときに対処する余裕がありません。
なので、対応できる能力もありませんし、貯蓄が無いこと自体が、不安やストレスの原因となっている可能性も高いのです。
 そして、貯金ができない人は、ここ一番というチャンスのときに、資金がないのでそのチャンスを活かすことができません。
 つまり、バネのような反発力が無く、不安やストレスに押しつぶされた、弾力が無い状態のようなものなのです。

貯蓄はだれでもできる

 貯蓄ができない人は、
 「お金が無いから貯金できない」
と言います。
 でも、お金があっても貯金しないのです。
 これを逆に言えば、
 「お金が無くても貯金できる(少しは・・・)」
ということになります。
 
 お金には、
 ”お金がお金を生む”
という性質があります。
 もし、貯蓄がゼロなら、ゼロのままです。
 でも、ほんの少しの努力で、少しでも貯蓄ができれば、お金を増やしていくことが可能になります。
 そして、その貯蓄したお金は、あなたにプラスの影響を与えてくれます。
 心のゆとりが生まれ、”なにかあったらどうしよう”という不安から解消されます。
そして、次のステップへのエネルギーとなるのです。
また、貯蓄があると、お金に関する知識も、自然と身につくようになります。結果として、
世の中にあふれている、”怪しいもうけ話・投資の話”を正しく見分けることができるようになります。
(というか、そのほとんどがいい加減なものと判断できるようになります)
 いかがでしょうか?
 貯金を目的としてケチケチするのではありません。
 あなたのお金をあなた自身でコントロールする力
を、貯蓄で身につけることができたら、あなたの”お金を稼ぐ能力”は格段に高まっていると言えるでしょう。

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA