あんしん夫になる

結婚生活は”我慢が必要”と考える人の大きな間違いな理由

 ”結婚生活には我慢が必要だ!!”
などと言う人がいますが、それは大きな勘違いをしている人です。
 
 もし、あなたがそういう考えを持っているなら、今すぐ捨ててしまいましょう。
その考えを続けていると、
 ”結婚生活が続かない”
からです。
 

結婚生活を続けるのに必要と思ってしていた我慢が、結果的に続かない原因となってしまう・・・

とても切ない話になってしまうのです。
それはなぜでしょうか?
その理由は、
 あなたの我慢は続かない
からです。
 人間には、自分の満たしたい欲求があります。
 どんな人にも”必ず”あります。
 そして、人間は誰でも、”その欲求を満たそうとして行動している”のです。
 代表的な欲求を挙げてみると、
 

  • 安全に安心して生活したい
  • つながっていたい、仲間になりたい
  • 周りの人から自分を認められたい
  • 自分の思う通りに行動したい
  • 気分良く自分の好きなことをしたい

の5つの欲求です。
どうでしょうか?普段の行動、発言はどは、必ずどれかに当てはまるのではないでしょうか?
大小はあっても、これを満たそうとして行動しているのです。
 
人間はだれでもそうですが、あなたが持っている自分の欲求を捨てることはできないのです。
そうなんです。
我慢というものは続かない
のです。

”我慢”と”忍耐”はまったく違う

自分の欲求を抑えるこを続けずに、良い関係を続けるにはどうしたらよいのでしょうか?
”我慢”ではなく、”忍耐”ということを考えましょう。
選択理論をわかりやすく書いた本「人間関係をしなやかにする たったひとつのルール はじめての選択理論」渡辺奈都子著

によると、
 「我慢」は、自分の願い(=欲求)を抑え込んでしまうこと
であり、
 「忍耐」は、自分がいつか得る目標(目的)のために試練に耐えること
というふうに書かれています。
つまり、「我慢」では、自分の欲求は満たされないまま続けることになるので、いつか破たんします。
一方、「忍耐」は自分の目標を達成して欲求を満たすためにやっているので、続けることができるのです。
いくら夫婦と言っても、1対1の人間関係なので、それぞれに欲求があって当たりまえです。
自分の欲求を満たしながら、相手の欲求も満たそうとする”忍耐”に、結婚生活を続けるヒントが隠されているようです。
「自分ばかりが我慢して・・・」と被害者的に考えてしまうのでは長続きしません。
「自分の欲求」を意識して、「自分の目標・目的」を考えながら「忍耐強くいこう!」と考えると長続きするのです。
相手に合わせる我慢ばかりする必要はありません。自分で自分の欲求をコントロールしながら、パートナーと折り合いをつける方法を考えましょう。
いかがでしたか?
ちょっとしたことで、気分をラクにして結婚生活を考えてみてはいかがでしょうか?

 

わせて読みたい記事

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

コメントを残す

*

CAPTCHA